【サマーウォーズ】ヒロイン・夏希が嫌い!嫌われる理由は監督と声が原因?

映画

2009年に公開された細田守監督作品『サマーウォーズ』

主人公・健二の憧れの先輩・夏希は才色兼備の学校のアイドル。

しかし公開後、「夏希が嫌い」「ヒロインがうざい」という声が多く聞かれています。

夏希が嫌われているのはどんなところ?
なぜ嫌われているの?

そのほか「うざい」「かわいくない」というSNSの評判や考察もまとめました。
(作品のネタバレを含んで作成しています。ご注意ください)

【サマーウォーズヒロイン】夏希のここが嫌い

「イライラする」「苦手」「作品は好きだが夏希が嫌い」とさんざんな言われ方をしているヒロイン・夏希。

どんなところが視聴者のイライラを溜めているのでしょうか?

魅力がない・描写が足りない

もっとも多かったのは、「夏希に魅力がない」「顔以外魅力ない」という声。

公開当時流行っていたのは「萌え系」の絵柄でしたが、今作はあっさりした絵柄で一般の視聴者にも受け入れられやすく、年上サバサバ系の女の子は人気が出そうですが…。

主に女性からの厳しい意見が多く、男性ファンでも「嫌い」「合わない」という人がいるようです。

夏希は冒頭からラストまでずっと登場する重要キャラにもかかわらず、作中での掘り下げがあまりない人物でもあります。

「剣道部の元主将でインハイ出場を惜しくも逃す」
「生徒会長をつとめ文武両道」
「校内一の美少女でアイドル的存在」
「社交的で面倒見がよい」
「実は親戚の侘助おじさんに片思いしている」

と、小説版での設定はあるのですが、作中ではほとんど説明されません。

得意の剣道を生かす活躍もないため、死に設定になっています。

また、主人公・健二が夏希に惹かれていく描写もほとんどありません。

「(顔が)可愛いから好きになった」というのは分かりやすいですが、出会ってすぐ実家に連れて来られ、ふたりの距離が縮まるようなイベントも特になく、親戚のおじさんが好きなくせに最後は夏希から健二にキスするなど「ビッチ」「尻軽」な描写も「嫌い」と言われてしまう理由のようです。

夏希のキャラクターデザインが、美少女の記号的なイメージである「白いワンピース」「黒髪ロング」なのも「嫌い」と言われています。

確かによくあるワンパターンなデザインですよね。

また「嫌い」というほどではないが、美少女なのに「魅力を感じない」「存在感が薄い」、ヒロインなのに「いる意味がない」とも言われており、夏希の設定や掘り下げが浅く、物語の中で成長する描写もないため感情移入できずに「嫌い」となってしまう人が多いのかもしれません。

無神経なところが嫌い

先輩らしからぬ、自分勝手で無神経な行動が「嫌い」「うざい」と言われているようです。

もっとも多いのが、
「健二に説明もせず田舎に連れて来て彼氏のフリをさせているくせに、自分は初恋の人の侘助おじさんに夢中。ほとんど活躍しないのに、最後のバトルでおいしいところだけ持っていく」
という展開が「嫌い」と言われているよう。

「年上なのに子どもっぽい」「健二を振り回している」シーンもあり、ヒロインとしての行動ではないという意見も。

しかし健二は一貫して「夏希ラブ」であり、他の登場人物たちも夏希の言いなり。

無神経な行動がとがめられることもないため、視聴者にはモヤモヤが残ります。

自分勝手で人の迷惑をかえりみず、報いを受けることもないところが「嫌い」と言われているようです。

可愛げがない

自分勝手で無神経なヒロイン、でもふとした瞬間の可愛らしさがある…なら「ツンデレ」的な人気が出そうですが…。

夏希は「可愛げがない」とも言われています。

いわゆる「萌え絵」ではないため、ぱっと見で「可愛い!」というような外見ではありません。

デザインに花がないため、健二やクラスメイトが夏希を「可愛い」と言ってもあまり説得力がありません(ほかのキャラと同じくらいに見える)。

また言動や行動もさばさばしており、分かりやすい「可愛らしさ」はありません。

「ヒロインが可愛い」というのは作品の大きな魅力になると思うのですが、夏希にはそれが欠けているようです。

美味しいところだけ持っていくから嫌い

対ラブマシーン戦のメインはカズマと健二。

夏希はほとんど活躍しないのにも関わらず、なぜか最終決戦のいちばん美味しいシーンで彼女メインの花札バトルが始まります。

一応「この家でいちばん勝負に強いから」という理由がつけられていますが、これまでの流れなら健二とカズマ(または侘助おじさん)が直接対決したほうが盛り上がったのではないか?と言われています。

「何もしないヒロインが、苦労せず美味しいところだけ持っていくから嫌い」と言われるのも分かりますねw

女に嫌われてそう、いや男にも嫌われてそう

夏希の性格や行動は、「女性に嫌われていそう」と言われています。

あだち充さんの名作『タッチ』のヒロイン・浅倉南に匹敵するビッチさとも言われているのは分かりやすいですねw

女性に嫌われやすいヒロイン像としては、「無能なのにうざい」「逆にハイスペックすぎて共感できない」「男性の理想が盛られすぎている」「主張が弱い(うじうじしている)」など。

夏希はハイスペックですが、それが作中で生かされることがほとんどなく、「理想が盛られすぎている」にも当てはまりそうです。

「ビッチ」と呼ばれる点についても、女性から見れば健二と侘助おじさんの間をフラフラしているように見えますが、男性ファンから見れば「中年おじさんに恋する女子高生」であり、男性にとって理想のシチュエーションなのかもしれません。

また幼い頃からの初恋のため、純愛ととらえることもできそうです。

一方、夏希は「男性でも苦手な人が多そう」と言われており、たしかに夏希を「嫌い」「魅力を感じない」とする男性も一定数いるようです。

夏希に対し「イライラする」「趣味が合わない」と敬遠する男性ファンも多く、「好き」と「嫌い」が両極端に分かれるヒロインとも言えそうです。

声が嫌い

最近のアニメ映画でよくとられる手法が、「タレント・俳優が声優をつとめる」こと。

今作もほとんどのキャラクターにタレントさんや俳優さんがキャスティングされています。

しかしそれが裏目に出たようで、夏希の「声が嫌い」というファンが多いようです。

ほかの俳優さんはそれなりに聴けるという声もあり、夏希の声を当てた桜庭ななみさんの評判がやや悪いようです。

桜庭ななみさんは夏希と同じ17歳で声優初挑戦。

ほかにも『.hack セカイの向こうに』に有城そら役で出演しています。

しかし、アニメ声優はあまり評価されなかったのか、この2作だけにとどまっています。

【サマーウォーズヒロイン】なぜここまで嫌われてしまうのか

監督が夏希に興味がないから

「サマーウォーズは嫌いじゃないけど夏希が嫌い」「細田作品はストーリーや世界観が好き、でもヒロインは嫌い」というファンも多い今作。

なぜ夏希はここまでヘイトを溜めてしまうのでしょうか。

理由のひとつとして、「細田監督は夏希に興味がないから」という意見が挙げられています。

よく言われているのが、監督の好きなキャラは「子ども(ショタっ子)」「ケモノ」「中性的な美少年」であり、それぞれ『おおかみこども』の雨・雪、『バケモノの子』の一郎彦、『サマーウォーズ』のカズマなどが分かりやすいです。

監督が力を入れて描くためかキャラクターに魅力があり、各作品で1.2位をあらそう人気キャラになることもしばしば。

一方、本来メインになるはずの「ヒロイン」は「好きじゃない」「魅力がない」とファンに言われることが多く、これは監督が「女性を描くのにあまり興味がない」=「魅力的に描かない・描けない」せいではないか?と言われています。

今作のヒロイン・夏希をはじめとして、『おおかみこども』の母親・花、『バケモノの子』の楓、『時をかける少女』の真琴などはアンチも多く、SNSでも「嫌い」と言われることが多いキャラクター。

サブキャラクターの「母親」や女性キャラも存在が薄いか、偏った思考の持ち主にされていることが少なくありません。

女性キャラには監督の偏った女性観・社会観が反映されがちであり、掘り下げたりうまくストーリーに取り入れたりすることにはあまり興味がない。

でもストーリー上「ヒロイン」は必要なため、しかたなく描いているがあまり筆が乗らず、結果魅力に乏しいヒロインや女性キャラになってしまう…。
というような解釈もできます。

作家性のあるストーリーや美しいアニメーションは高く評価されるものの、「イラつくヒロイン」「ヒロインが地雷」と女性キャラクターへの不満も高い細田作品。

今年公開される『竜とそばかすの姫』も10代の女子高生が主人公ですが、細田監督が脚本を担当しています。

どんなヒロインを見せてくれるのか、楽しみにしたいですね。

まとめ

『サマーウォーズ』のヒロイン・夏希は嫌い・うざいという声が多い。

嫌いという理由でもっとも多いのは、魅力がないというもの。
(魅力的に見せる描写がない)

他にも、無神経なところが嫌い・可愛げがない・美味しいところだけ持っていく・女に嫌われてそう・男にも嫌われてそう・声が嫌いなど理由は多い。

ヒロインなのに、なぜここまで嫌われてしまうのかは、監督が夏希に興味がないからではないかと言われている。

■ 関連記事 ■
【サマーウォーズ】夏希と健二のその後は?アフターストーリーがエモい!

【サマーウォーズ】敵の名前は?由来や本当は敵じゃないと意見についても

【サマーウォーズ】はつまらないしひどい映画?泣けるという声についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました