【猫の恩返し】つまらないし面白くない映画?面白いの声についても

映画

2002年に公開された森田宏幸監督による『猫の恩返し』。

『耳をすませば』の本好きな主人公・月島雫が書いた物語という位置づけのスピンオフです。

ジブリには珍しい続編扱いの作品ですが、「つまらない」「面白くない」という声も多くあるようです。

いったいどこがつまらないのか?
面白くないと言われるのはなぜ?

そのほか「面白い」というSNSの評判もまとめました。
(作品のネタバレを含んで作成しています。ご注意ください)

【猫の恩返し】ここがつまらない

ジブリの中でいちばんつまらない

「びっくりするほどつまらない」「盛り上がらない」「時間だけだらだら過ぎていく」と言われる『猫の恩返し』。

ジブリ映画のワクワクドキドキ感を期待していた人からは、「話がぬるい」「猫に謝れ」という声も。

ジブリといえば家族で安心して見られる作品。

クオリティの高さも約束されており、「失敗のない」ブランドですよね。

しかしストーリーのあっさり具合に物足りなさを感じる人も多く、「拍子抜けした」というファンもいるようです。

「ストーリーで楽しませる作品ではない」「雰囲気を味わう作品」というフォローもあるようですが、不満を持つ人が多いよう。

ストーリーの面白さや、情報量の多さで楽しませてくれたジブリ。

しかし『猫の恩返し』は、情報量をあえて少なくした「軽さ」「抽象的な世界観」で魅せています。

そこが従来のジブリを期待していたファンには物足りなく、「つまらない」「面白くない」となってしまうようです。

ハルがジブリヒロインらしくない

「かわいい」と人気のある主人公・ハルですが、一部ではその性格が「普通過ぎる」「共感できない」とも言われているようです。

『猫の恩返し』の原作は少女漫画。

ハルも少女漫画の主人公らしく、等身大に描かれた女子高生です。

少しぽやっとしていて、毎日を何となく過ごしている…。

これといった特技もなく、優柔不断な性格がわざわいして、いつも貧乏くじをひいているようなハルは、あいまいな態度をとっているうちにトラブルに巻き込まれる…というラノベ系主人公のような設定。

そのあまりに「普通」すぎる性格に、ジブリヒロインらしくないという批判があるようです。

主人公にしっかりした「目的」がなく、流されるままストーリーが進んでいくというのはジブリの他作品には見当たりません。

そんな危機感のないぼんやりした主人公が、「つまらない」「面白くない」と言われてしまうよう。

「普通」「等身大」のヒロインは、ジブリ作品ではあまり求められていないのかもしれませんね。

宮崎監督じゃないからつまらない

「ジブリ=宮崎駿監督」というブランドに絶対的な信頼があるためか、宮崎監督以外の監督作品には厳しい声が多いようです。

『猫の恩返し』以外にも、『平成狸合戦ぽんぽこ』『おもひでぽろぽろ』『耳をすませば』『ゲド戦記』『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂』などが別の監督による作品ですが、どれも賛否が分かれる作品と言われています。

好きな人には刺さる内容でも、やはり宮崎監督の作品力には及ばないともいえ、「つまらない」「面白くない」と言われてしまうようです。

原作の方が面白い・脚本が悪い

『耳をすませば』原作者の柊あおいさんに、宮崎監督が「バロンとムーンを使って何かお話ができないか?」とスピンオフを依頼したのが今作のはじまり。

映画の原作コミックとして、『バロン 猫の男爵』というタイトルで出版もされています。

映画とは違う魅力のあるバロンが活躍するストーリーですが、「映画よりこっちの方が面白い」「脚本が失敗してる」という声があるようです。

脚本担当の吉田玲子さんは『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』『映画 聲の形』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』など幅広い作品を手がける人気脚本家。

アニメ以外にも、TVドラマやラジオドラマなどでも活躍しています。

アニメ界でひっぱりだこの吉田さんですが、今作での評判はイマイチなよう。

「ストーリーがつまらない」「原作の方が面白い」と言われているようです。

吉田さんにとってハルは「特徴がなく、どういう風に書いていったらいいんだろう」と迷うキャラだったそうで、「ハルの友人・ひろみの方が、友達として付き合いやすいし面白い」とも言っています。

「劇的な変化や成長はないけれど、爽やかな風がすーっと吹き抜けて、見晴らしがよくなるような、そんな感じが作品のトーンとして出ていれば」
(『猫の恩返し ロマンアルバム』より)

という言葉どおりの作品となっている今作。

しかしその盛り上がりのなさ、引っかかりのなさが「つまらない」「原作の方が面白い」という声になっているようです。

昔はつまらなかった(今見ると面白い)

子どもの時に見た!という人も多い『猫の恩返し』。

その時はつまらなかったけど、今見ると面白いと感じる人もいるようです。

『ラピュタ』や『トトロ』のような分かりやすい面白さはありませんが、大人になって観ると、ほんわかした世界観やたくさんの猫たちに癒されるという人も。

作品全体がのんびりしていて、いつも自然体のハルが良いという意見もあります。

上映時間が短いためテンポが良く、簡潔なストーリーでさらっと見ることができるという声も。

「盛り上がりがない」「つまらない」と言われてしまいがちな今作ですが、大人になってから見てみると、違った魅力が見つかるかもしれませんね。

見ている人を置いてけぼりにしている

そもそも『猫の事務所』と『猫の国』はなぜ別々なの?と疑問に思ってしまう今作。

ファンタジー作品はリアリティもある程度しっかりしていないと説得力がなく、物語に入り込めませんよね。

今作は『猫の国』=『死んだ猫の行く世界』という設定がカットされてしまったため、猫王の国は謎の王国となっています。

ハルに感情移入しにくいのも、「つまらない」「設定がよく分からない」というのが理由のようです。

ほかにも、「猫が苦手だからつまらない」「主人公の友達の私服のデザインがヒドい」「内容がつまらない」などの意見があるようです。

一方、「つまらないけどバロンはかっこいい」「つまらないけどハルちゃんは可愛い」「つまらないけど雰囲気は好き」という評価もあります。

いつものジブリを求めていたファンには「物足りない」「ジブリらしくない」ところが「つまらない」「面白くない」と言われてしまうようです。

【猫の恩返し】ここが面白くない

内容が面白くない

猫と女子高生といういくらでも面白くできそうな要素がありながら、淡々と物語が進む『猫の恩返し』。

巻き込まれ系主人公のハルと、スーパーヒーローのバロンの組み合わせは、少女漫画の王道でもありそうですが…。

等身大の女子高生のわりに共感しにくいハルや、完璧すぎて人間味(猫味?)のないバロン。

ハルは劇的な成長や変化をするわけではなく、バロンと恋愛関係になるわけでもありません。

ラストはバロンに失恋して終わるため、物語として「つまらない」「面白くない」と感じてしまうようです。

かといって完全なファンタジーとして観ると、設定の甘さや謎の残る部分も多く、物語に入り込めません。

アクションシーンの動きも普通で、美麗な背景もとくにはありません。

恋愛ものでもなく、ファンタジーとしても物足りない中途半端なストーリーが「見どころが無い」「面白くない」と言われてしまうのかもしれませんね。

ハラハラ感が足りない

ジブリ映画に欠かせないのがハラハラ・ドキドキするシーン。

しかし今作にはハラハラシーンがほとんどありません。

物語序盤で猫の国に連れ去られそうになる時は、ムタやバロンが助けに来てくれます。

猫王の城でパーティーが開かれた時も、バロンが救出してくれます。

そのほかどんなピンチにもユキちゃんやムタ、ルーン王子、トトなどさまざまなキャラが必ず現れ、絶体絶命の危機というシーンはまったくありません。

その「ぬるい」展開が「面白くない」と言われてしまうようです。

面白くないけど音楽は良い

音楽については高評価をしている人が多いようです。

作品の雰囲気に合っていてすてきですよね。

音楽は『耳をすませば』につづいて能見祐二さんが担当しています。

面白くないけど袴田吉彦が良い

今作のヒーロー・バロンの声を担当した袴田吉彦さん。

アフレコ経験は『ダイナソー』に続き2回目だったそうですが、バロンのイメージを壊さないよう、カッコよく、きびきびとした感じを出して演じたそう。

バロンがかっこいい!という声が多いのも納得です。

【猫の恩返し】ここが面白い

のんびりゆるい雰囲気で、敵猫たちもどこか憎めないキャラばかり。

公開から20年近くたっても愛される『猫の恩返し』の面白いという意見をまとめました!

シンプルに面白い

猫が主なキャラクターで、かっこいい猫、かわいい猫、デブった猫や敵になる猫も登場します。

その個性ある猫たちとのドタバタ劇はシンプルに楽しめるストーリー。

難しく考えずにさらっと見られるのが高評価なようです。

時間が短いからテンポがいい

『猫の恩返し』上映時間は75分。

そのためストーリーのテンポが良く、間延びしたり飽きたりということはありません。

また小難しい会話劇やどんでん返しもなく、分かりやすい展開です。

「つまらない」「盛り上がりがない」と言われていますが、テンポよく進むのでイライラしないのは良い点かも?

魅力ある猫たちがたっぷり登場する『猫の恩返し』。

猫好きさんも犬派さんも、ぜひ視聴してみてくださいね!

まとめ

『猫の恩返し』は、『耳をすませば』のスピンオフ作品だが「つまらない」「面白くない」という声も多くある。

つまらない理由は、ジブリの中でいちばんつまらない・ハルがジブリヒロインらしくない・宮崎監督じゃないからつまらない・原作の方が面白い・脚本が悪い・見ている人を置いてけぼりにしているなどがある。

大人になってから見ると面白いという意見もある。

面白くない理由は、内容が面白くない・ハラハラ感が足りないなど。

面白くないけど音楽は良い、(バロンの声の)袴田吉彦が良いという意見も。

面白いという声ももちろんあり、シンプルに面白い・時間が短いからテンポがいいという意見がある。

■ 関連記事 ■
【猫の恩返し】バロンの名言セリフがかっこいい!ハルの言葉の変更についても

【猫の恩返し】ユキちゃんは死んでる?死亡説や死後の世界設定についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました