【カリオストロの城】クラリスの年齢は?ルパンとの関係やその後についても

映画

1979年に公開された「ルパン三世 カリオストロの城」。

「ルパンIII世」第二作目の映画作品であり、監督はあの宮崎駿さん。
宮崎監督にとっては初の監督作品でもあります。

可愛すぎるヒロイン・クラリスの年齢やルパンとの関係、その後のトリビアもまとめてみました!
(作品の重大なネタバレを含んで作成しています。ご注意ください)

【カリオストロの城】クラリスの年齢は?

16~18歳

今作のヒロイン、クラリス・ド・カリオストロの年齢は不詳。

実は作中では彼女の年齢は明かされていません。

また公式でもクラリスの年齢は確定されておらず、その見た目から「16~17歳前後」ではないか?と言われています。

根拠1:ルパンのことを「おじさま」と呼ぶ。

クラリスはルパンのことを「おじさま」と呼ぶので、かなりの年齢差があると思われます。

原作でのルパンの年齢も不詳とされていますが、この「ルパン三世 カリオストロの城」では、ルパンの年齢はおそらく35歳前後と言われています。

10代の少女からすると、30代の大人は立派な「おじさん」。

20代なら年が近いので、おじさんとは呼ばないのではないでしょうか?

根拠2:クラリスが車を運転するシーン

冒頭、ウエディングドレス姿のクラリスがひとりで車を運転し、逃げ出すシーンがあります。

物語の舞台であるカリオストロ公国をヨーロッパの国と仮定すると、ヨーロッパでも日本と同じように運転免許は18歳以上から取ることができます。

無免許(!)という可能性もありますが、育ちの良いクラリスならきちんと免許は取っていそう。
ということで、18歳と考える人も多いようです。

まとめると、見た目やルパンとの年齢差、自動車の運転などから「16~18歳前後」と言えそうです。

しかし、ネットでは「クラリス=17歳説」が根強く見かけられます。

男性ファンはやはり「18歳」よりも「17歳」に魅力を感じるのかもしれませんねw

ルパンの年齢について

ルパンIII世は原作でも「正確な生年月日は知らない」という発言があります。

しかし原作46話で「銭形警部の3歳下」とされているため、(銭形警部は29歳)原作準拠なら26歳ということになります。

しかし本人の言葉どおりなら「正確な生年月日」ではないため、本当の年齢かどうかははっきりしていません。

アニメでもルパンIII世の年齢はシリーズによって幅があるそうで、多くは20代後半~30代なかばという設定とのことです。

「ルパン三世 カリオストロの城」の舞台は、劇中の新聞の日付から1968年とされています。

ルパンは10年前の「泥棒の駆け出しのひよっこ」時代に一度、カリオストロ公国に盗みに入ったと言っています。

原作でのルパンは大学に通っていたこともあるそうなので、大学卒業後に泥棒になった(?)と考えると、「ひよっこ」時代は20代前半~なかばと思われます。

それから10年後とすると、劇中では30代前半~なかばあたりとするのが自然ですね。

年齢操作によるルパンとクラリスの関係

宮崎氏にとって初の映画監督作品となった「ルパン三世 カリオストロの城」。

制作にも並々ならぬ思いがあったようで、クラリスとルパンの年齢差を出すために、あえてルパンを年齢設定高めに設定したと言われています。

ふたりの関係は、互いに協力して危機を乗り越える男女でありながら、下心を排除した「大人」と守るべき「少女」の純粋な交流でもあるという絶妙な間柄です。

そのため監督がふたりをよくある男女関係にはせず、クラリスにとっては「おじさま」、ルパンの仲間たちも「頼れる年上の男性」という距離を保てるよう、恋愛対象からは少し外れるような高めの年齢設定にしたというのは納得ですね。

ルパンを演じた山田康雄さんも、カリオストロのルパンを「いつもより年取ったおじさん」というイメージで演じたそうです。

そのおかげで、ルパンはいつもの「大泥棒」よりも「良い人」というイメージで、お姫さまから「おじさま」と慕われるのも違和感はありません。

優しく人情味にあふれ、ユーモアもあり、スマートに相手を思いやり、女好きですが決してねちっこく追いかけまわしたりはしない・・・という、モテる男の理想型でもあります。

そのためか「カリオストロのルパンが好き」という女性ファンも多いようです。

クラリスとルパンのその後

年齢差はおよそ15~18歳というクラリスとルパン。

現代であればそれくらいの年の差カップルも珍しくないため恋愛関係になってもそんなに違和感はありませんよね。

あのアニメ映画屈指のラストシーンから、「ふたりのその後が知りたい」「気になる」というファンの声も多かったようです。

しかし結果的には、宮崎監督は自らが「カリオストロの城」の続編を作ることはありませんでした。

宮崎監督も今作のラストにはとても悩み、ふたりの今後を描くかどうかという葛藤もあったようです。

「クラリスとルパンはあのまま別れていいのだろうか?」
「ルパンはクラリスの元に必ず戻ると明確に言わせた方がいいのでは?」
「それよりもクラリスがカリオストロを捨てて、ルパンを追いかけるべきでは?」

その葛藤、作品で見たい!w

でもルパンとクラリスがともに生きることになれば、それは泥棒稼業から身を引く時。

クラリスに泥棒をさせるわけにはいきません。

ルパンは泥棒をやめ、まっとうに生きる。
でも・・・。

「結局は女を泣かせ、去っていくことしかできない」と監督は言います。

クラリスがルパンの女癖で苦労して泣くところは見たくない!w

クラリスはとても純粋で心の美しい少女です。

いつか自分のような「泥棒」ではなく、彼女にふさわしいまっさらな相手を見つける。
それなら手などつけず、このまま別れた方が良い。
どんなに自分が惚れていても。

宮崎監督はルパンのキャラクターを深く掘り下げ、「そんなことまで!」というところまで考え抜いたうえで、続編を作らなかったと思われます。

映画のラストシーンから、クラリスは今後、カリオストロ公国を治める女王となると予想されます。

大人になってから見ると、このラストはクラリスにとっては「めでたしめでたし」ではありませんよね。

これから女王としての責任と義務にしばられ、もう自由に外に出ることはできません。

大好きな「おじさま」と別れ、ひとりで国を治めていくことになります。

いつか結ばれる相手と出会うとしても、おそらく恋愛結婚ではないでしょう。
彼女ははたして幸せになれるのでしょうか?

ルパンと別れることになるとしても、「カリオストロを捨てて生きる」というクラリスのストーリーも見てみたかった気がしますね。

アルセーヌ・ルパンの奥さんの名前

ルパンIII世の祖父、アルセーヌ・ルパンの妻の名前は、「クラリス・デディーグ」。

そう、カリオストロのクラリスの名前はここから来ているんです。

原作での彼女は18歳の美少女で、ルパンとの間に子どもももうけています。

ルパンは彼女と結婚した後、泥棒稼業から足を洗い、まっとうに生きようとしますが失敗。
泥棒に戻ってしまいます。

そしてクラリスも子どもを産んだ2日後に亡くなり、ふたりの幸せな結婚生活は5年で終わりを告げます。

・・・やっぱりふたりは結ばれない方が良いのでしょうか?w

ある意味「カリオストロの城」はハッピーエンドといえるのかもしれません。

まとめ

「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリスの年齢は作中では明確にはされていない。

ルパンをおじ様と呼ぶところと、車を運転するシーンから、おそらく16~18歳だと思われるが、ネット上では17歳説が多く見られる。

ルパンの年齢はおそらく35歳前後。

ルパンとクラリスの関係は、互いに協力して危機を乗り越える男女でありながら、下心を排除した「大人」と守るべき「少女」の純粋な交流でもあるという絶妙な間柄。

■ 関連記事 ■
【カリオストロの城】カリオストロ伯爵は何者?最後やその後についても

【カリオストロの城】カールはどんな犬?犬種と登場シーンも

【カリオストロの城】赤いきつねは誰が食べる?カップヌードルとの対比についても

【カリオストロの城】は面白くなくてつまらない?面白いという意見も

コメント

タイトルとURLをコピーしました