トイストーリー3でバービーはその後どうなった?男前な性格の理由も

ピクサー最大のヒットシリーズ「トイストーリー」。

実在するいろいろなおもちゃが登場するので、見たことのあるおもちゃが出て来るとなんだか嬉しいですよね。

日本の女の子にとって懐かしい「リカちゃん」のような存在の「バービー人形」。

トイストーリー3のエンディングと、その後バービーはどうなったの?
合わせて調べてみました!

トイストーリー3のバービーはその後どうなった?

バービー登場とケンの出会い

今回アンディのおもちゃたちといっしょにサニーサイド保育園へやって来たバービー。

そこで保育園のおもちゃである「ケン」に出会い、一目で恋に落ちます。
ケンもバービーにメロメロ。

ふたりはお互いに運命の恋人同士として、ラブラブな生活を送ります。

ところが、ケンは保育園のおもちゃのボスである、ロッツオの側近でした。

これにより、一度は引き裂かれてしまう二人。

けれど、バービーの大活躍により仲間のおもちゃたちは窮地を脱出することになります。

バービーのその後

物語終盤、ロッツオの支配下にあったサニーサイド保育園はボスがいなくなったことで自由な場所に生まれ変わりました。

ウッディたちは保育園を去りましたが、いったん離れ離れになったケンとバービーは保育園に残ることに。

そして新しいリーダーとして、二人で協力しながら、保育園を「おもちゃにとって最高にクールな天国」にしているようです。

ラブラブな恋人同士であり、良き仕事のパートナーでもあるバービーとケン。

トイストーリーの名わき役として、これからもサ二ーサイド保育園を守っていくことでしょう。

そんな二人の様子は、映画のエンディングロールで見ることができますよ。

トイストーリー3でバービーが男前な理由

バービー人形はどんなおもちゃ?

トイストーリー3に出て来るバービーは、主人公アンディの妹、モリーのおもちゃです。

バービーは着せ替え人形としてアメリカで生まれ、17歳のファッションモデルという設定

アメリカでは3歳から10歳までの女の子の9割近くが1体以上のバービーを持っているといわれていて、150以上の国と地域で販売されています。

誕生から半世紀。

世界中の女の子たちの遊び相手だったバービー人形は、1959年に「ポスターに映る美女」をモデルとして作られました。

今まであった人形遊びの「人形」のイメージをくつがえす、「大人の女性」の人形に、子供たちは夢中になりました。

唇はふっくら、胸も強調されたバービーは、服を着せ変えて「本物」になりきって遊ぶことができました。

男前な性格の理由

支配者ロッツォの側近だったケンは、ロッツォの命令に逆らえず、恋人であるバービーを閉じ込めることに。
バービーは、ケンの恋人という地位を捨て、自ら檻に入ります。

しかし「子供たちの理想」「新しい時代の女性の象徴」である彼女は、ただ助け出されるのを待っているお姫様ではありませんでした。

閉じ込められた後も泣きマネでケンを落とし、見事に脱出してバズの説明書を取り戻すなど、大活躍します。

ロッツオに追い詰められながらも、
「Authority should derive from the consent of the governed, not from the threat of force!」
(権力は軍事的圧力ではなく被統治者の同意から生まれなければならないのよ!)

と叫ぶバービーは、まさに「時代を映す鏡」というか、守られるだけの存在じゃない、強い女性像を表していますね。

このシーンは、ファンからも「男前」「かっこいい」との声が多数です。

補足:現在のバービー人形事情

トイストーリー3で相手役になる「ケン」も、バービーの「理想のボーイフレンド」として1961年に誕生。
ときにはケンカもするけれど、バービーの良い相棒として愛されてきました。

女の子なら、一度はバービー(またはリカちゃん)で、「ごっこ遊び」をしたことがあるのではないでしょうか?

バービーは金髪にばつぐんのプロポーション、キレイな洋服をたくさん持ち、「自分もいつかこんな風になりたい」という女の子の願いをかなえてくれていたのです。

そんな「子供たちの理想」という背景のあるバービーは、「時代を映す鏡」であり、「今の時代に合った女性像」という性格づけがあるようです。

そのためか「3」のバービーは、「2」に出て来るバービー人形とはがらりと違う一面を見せてくれました。

しっかりとした考えを持ち、行動力があり、ときには恋人よりも自分の信念を優先するという描き方</span>をされています。

そしてその上で、恋やおしゃれも楽しみたいという現代の女性を象徴しているようです。
(「2」のバービーはツアーガイドだったり、水着だったりと「当時の女性像」を表しています)

そんな「新しい」バービー人形ですが、アメリカでは「セクシーなバービーは女性への『性差別』」「拒食症かと思うほどの細身で、長い足に金髪。料理も掃除もこなして、ばら色の生活なんてありえない」などの批判も出ているそう。

そんな声にこたえて、「ふくよかで背の低いバービーシリーズ」も発売されました。

「人間らしくていい」
「完璧な女の子はつまらないし、普通なのがいい」

とする一方、「理想の女性」や「変身願望」からは遠のいてしまった感もあります。

現在では目の色や髪、肌の色、体型もさまざまなバリエーションがあるバービーが発売されています。

また、職業もさまざまで、消防士や宇宙飛行士、パイロットのバービーも。

最近では大統領と副大統領候補になったバービーもいるそうです。

女性の社会進出の移り変わりが、バービーにすばやく反映されているのは面白いですね。

今後のトイストーリーには、どんな姿のバービーが登場するのか、とても楽しみです。

まとめ

バービーは、主人公アンディの妹、モリーのおもちゃ。

ウッディたちと一緒にサニーサイド保育園にやってきて、ケンと出会い恋に落ちる。

ケンはロッツォの側近だったため、一時は離れてしまうが最後は再びサニーサイド保育園の新しい案内係となり、仲良く一緒に暮らす。

■ 関連記事 ■
トイストーリー3に出て来る保育園の名前はサニーサイド保育園!その後どうなったかについても

トイストーリー3隠れキャラまとめ!登場シーン・場面についても

トイ・ストーリー3のロッツオはクズと言われる理由や経緯は?かわいいそうな最後についても

トイストーリー3に出てくるピンク色のくまの正式な名前は?日本語吹き替え声優についても

トイストーリー3でポテトヘッドが箱から戻った際に言ったかりんとうの意味は?英語の台詞と日本語訳も

コメント

タイトルとURLをコピーしました