「コクリコ坂から」メルと俊は兄弟?疑惑の理由と真相について

映画

2011年に公開された「コクリコ坂から」。

あの宮崎駿さんの息子、宮崎吾郎さんが監督を務めた二作目の映画です。

主人公・海とヒーロー・俊の淡い恋物語がメインストーリーとなっており、昭和中期のレトロな横浜の雰囲気もステキな作品です。

ところがこのカップルには、「兄弟疑惑」があるとのこと。

ふたりが「兄妹」と言われる理由は?
禁断の近親もの?

映画と原作で少し違う「兄妹の根拠」も合わせてまとめてみました!
(ネタバレを含みますのでご注意ください)

コクリコ坂からのメルと俊のかんたんな紹介

松崎海(メル)

港南学園高等部1年生。
コクリコ荘の家事を取り仕切るしっかり者の長女。

カルチェラタンの取り壊し反対運動に参加している俊と出会い、次第に惹かれていく。
メルはニックネーム。

風間俊

港南学園高等部2年生。
新聞部部長。

家はタグボート屋をしている。
カルチェラタン存続運動の一員。

毎朝父親を偲んで旗を揚げる海のことが気になっていた。

メルと俊が兄弟といわれる理由

メルと俊は高等部の「カルチェラタン(文化部部室棟)の取り壊し反対運動」で出会います。

新聞部の俊は、取り壊し反対を主張する記事を新聞に載せていました。

それに共感したメルがカルチェラタンの大掃除を提案し、男子学生だけでなく女子高生も巻き込んだ一大掃除作戦で、ふたりの仲は縮まっていきます。

ところが、メルが亡くなった父親の写真を見せたところ、何故か態度がよそよそしくなる俊。

実は俊も自分の亡くなった実父の写真を持っており、それがメルの父親と同一人物だったのです。

俊は信じられずに役所へ行き、戸籍も確認したのですが、そこでもやはり結果は同じ。

俊は「自分たちは兄妹だ」「今までどおり、ただの友達でいよう」とメルに告げます。

兄妹疑惑のその後

兄妹だと言われ、「今までどおり、ただの友達でいよう」と告げられたメルはとても落ち込んでしまいます。

そんな中、カルチェラタンの大掃除は進みますが、学校側は既定どおり取り壊しを決定。

抗議のため、生徒会長の水沼と俊、メルは東京の理事長の元へ直談判をしに向かい、きれいになったカルチェラタンを見学してもらうという約束をとりつけます。

その帰り道、旗を揚げる少女の詩の作者が俊だと知るメル。

「たとえ兄妹でも、俊のことが好き」と告白するメルに、俊も「メルが好きだ」と答えるのでした。

兄妹疑惑の真相

告白の後コクリコ荘に戻ると、メルの母親がアメリカから帰国していました。

そこで真相が告げられます。

俊はメルの兄ではなく、メルの父親の友人の子どもだったのです。

俊の父親は引き揚げ船の事故で亡くなっており、母親も俊を産んですぐに亡くなっていました。

親族もみな原爆で亡くなっていたため身寄りがなかった俊を、友人だったメルの父親が引き取り、自分の子として籍に入れたのが真相です。

しかしメルの両親もメルを身ごもったばかりで余裕がなく、父親の知り合いであるタグボート屋の養親に俊を譲り渡していたのです。

俊の生い立ちを知ると言う別の人物からも事の詳細を告げられた俊とメル。

兄妹疑惑は晴れ、ふたりの新しい日々が始まるという幸福感にあふれたラストシーンとなっています。

原作でも「俊がメルの父親の友人の子ども」という点は同じで、引き取るために自分の籍に入れたというところも変わっていないようです。

どちらの真相もメルの父親が余計なことをしているように思えてしまいますがw

映画版ではメルの母親以外にも真相を知る友人がもう一人登場し、「友人の子ども」という説得力が増しています。

まとめ

「コクリコ坂から」の海と俊は互いに惹かれ合うが、お互いの父親が同じという事実を知り、ショックを受ける。

戸籍を確かめても結果は同じだったため、一度は別れを決意する。

真相は、俊は海の父親の友人の子供。
俊とメルは兄妹ではない。

俊の父親が引き揚げ船の事故で亡くり、母親も俊を産んですぐに亡くなっていて身寄りがなかった俊を引き取り自分の子として籍に入れていた。

■ 関連記事 ■
「コクリコ坂から」女の子の名前は海!あだ名メルとの由来と誰が付けたのか?

「コクリコ坂から」メルのお父さんはどんな人?俊の実父と養父についても

「コクリコ坂から」原作との違いは?映画のあらすじと結末についても

「コクリコ坂から」肉屋とコロッケのモデルは?味と店の評判についても

「コクリコ坂から」のメルは家事ばかりさせられてる?妹と弟が手伝わない理由についても

「コクリコ坂から」の時代背景は?映画と原作の違いについても

「コクリコ坂から」はつまらない?面白くないと言われる理由と良作という声について

「コクリコ坂から」はどこにキュンキュンする?キュン死シーンのまとめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました