【ハウルの動く城】つまらないし意味がわからない理由・原因は?面白いという声も

映画

2004年秋に公開されたジブリ映画「ハウルの動く城」。

原作から大きく改変されたせいか、視聴者やこどもたちからは「つまらない」「意味がわからない」「面白くない」と言われてしまうことも多いようです。

いったいどこがつまらないのか?
意味が分からないと言われるシーンは?

面白いという意見もまとめてみました!
(作品のネタバレを含んで作成しています。ご注意ください)

【ハウルの動く城】つまらない・意味がわからない理由と原因

ストーリーが分からない

原作はイギリスの児童文学「魔法使いハウルと火の悪魔」。

映画化にあたって原作にはない戦争シーンを追加したり、ファンタジー部分を説明なしに改変するなど監督が大きく手を加えています。

そのため原作では自然だったストーリーが分かりにくくなっているよう。

それが「つまらない」という声の原因のようです。

などジブリアニメに求める「冒険」「アクション」「分かりやすいストーリー」が今作には欠けているという人も。

「ラピュタ」や「トトロ」「紅の豚」などで示されていたような、はっきりしたテーマが見えてこないのも原因のようです。

ハウルとソフィーの恋愛ストーリーにも思えますが、戦争ものとも考えられるし、ファンタジーものともいえますよね。

でもファンタジー要素であるソフィーの呪いは何故かいったん保留になり、いきなりガチの戦争が始まってしまいます。

何故かハウルも命を狙われることになり、視聴者はますます「???」。

話のテーマがあちこちに飛ぶのも分かりにくい理由のようです。

テーマを多く設定しすぎて結果すべてが分かりにくく、中途半端な印象になってしまっているという意見も見られました。

ハウルの行動がわからない

とくにハウルやソフィーの行動の目的や動機が分かりにくく、誰が何のために今何をしているのか、何をすべきなのかが伝わってきません。

ネットでは「ハウル自身の気持ちや行動の目的がよく分からなかった」という感想がありました。

美しい作画やイケメン描写でごまかされてしまいがちですが、ハウルの性格や感情の動きがはっきりしないのもモヤモヤのひとつ。

ハウルがナルシストで見た目を気にすること、本当は弱虫な魔法使いであることなどが次第に明らかになりますが、人間味が増して親近感がわくというよりはヘタレっぷりにがっかりすることに。

シーンによってイケメンとヘタレを行ったり来たりするため、「すごい魔法使い」なのか「ナルシストのヘタレ魔法使い」なのかはっきりしません。

ソフィーのこともいつ好きになったのか、過去で一瞬見かけただけのソフィーをずっと好きだったのなら「プレイボーイ」とカルシファーに思われていたことに矛盾が出てしまいます。

ふたりの心情の変化があまり描かれていないため、恋愛ストーリーとしては唐突に感じてしまいます。

ソフィーの行動がわからない

またソフィーの行動も分かりにくいところだらけ。

冒頭で老婆の呪いをかけられた後、ソフィーは街を出ていきます。

ハウルの城は荒地でたまたま助けたかかし(カブ)が連れてきてくれたので、偶然たどりつきます。

もしカブに出会わなかったら・・・?

偶然出会ったハウルに対しても、呪いを解くために「掃除婦」と言って近づいたのかと思いきや、以降呪いにはあまり触れず、本人も必死ではありません。

18歳の少女が90歳になっているのに平然としすぎていて違和感があり、「呪いを受け入れすぎ」という声も。

結局呪いは解けたのか解けていないのかはっきりしないまま、ソフィーの姿は少女に戻ったり老婆になったりを繰り返し、視聴者をさらに混乱させることにw

老婆の呪いは「ソフィーの心情によって変化する」というものだったらしいのですが、それも作中では説明されず、「分かりにくい」と言われています。

自分に呪いをかけた張本人、荒地の魔女にもわだかまりがないようで、親切にするソフィー。

・・・イイ子すぎない?

普通は「元に戻せ」ともっと食い下がると思うのですが・・・、まあこの辺りは可愛い妹や容姿に対するコンプレックスから自己主張が苦手で、全てを諦めているからなのかな・・・とも思えますが。

戦争の設定がよくわからない

戦争をしているのがどことどこなのか、誰が敵対しているのか、何故ハウルを欲しいと言った国が命を狙ってくるのか、説明はいっさいありません。

そのため各キャラの立ち位置が分かりにくく、ストーリーに入り込めないと言われています。

ハウルの城は移動式なので、国には属していないのかと思えば王宮から呼び出しがかかるなど一応所属はあるようです。

戦争は既に始まっていますが、何のための戦争で何を狙っているのかははっきりしません。

また魔法使いがいるファンタジーな世界なのに、飛行機や爆弾もあるという違和感も。

魔法と爆弾、かなり食い合わせが悪いですよね^^;

このあたりは原作を2時間に圧縮しているため、物語の設定がかなりはしょられているよう。

映画の中で説明はなく、あいまいな「戦争」の設定だけが妙にリアルです。

魔法と呪い、愛というファンタジー世界観の中で、爆弾や戦争というキーワードが浮いている印象もあります。

またこの戦争部分に関しては実は宮崎監督のオリジナルであり、そのためわかりにくいことになっているという声もあります。

ジブリ得意の空中戦(アクション)を入れたかったのかもしれませんが、魔法使い(人間)と飛行機を戦わせるというのに無理があるという説も。

ラノベ系の話なら合っているかもですね。

そして戦争の終わらせ方もふんわりしています。

ラストの「このバカげた戦争を終わらせましょう」というサリマンの言葉や、王子に戻ったカブに対し荒地の魔女が「あなたはお国に帰って戦争でもやめさせなさいな」と言うとカブは「そうします」とあっさり答えるなど悲惨な描写が続いたわりに速攻で終わりそうな雰囲気です。

えっ?ハウルはあんなにボロボロになってたのに??

そんなすぐ終わるノリで戦争してたの?という何とも言えないモヤモヤ感。

原作にない追加シーンだから仕方ないのかもしれませんが、やはりファンタジー設定からは浮いていますし、何を描きたかったかがよく分からない、不要な設定だったかとも思います。

結末・ラストがつまらない

今作はストーリーがよく分からないと言われていますが、後半に行くほどさらにごちゃごちゃ感は強くなり、唐突にハウルの過去が明らかになり、お約束の破壊シーンのあとなぜか平和が訪れて締めくくりとなります。

さまざまな問題や矛盾も、ソフィーの愛の力で無理やりまとめた感があり、「分からない」「つまらない」と言われてしまうようです。

カルシファーとハウルの契約もソフィーが解いて解決、ハウルの心臓の件もソフィーが戻して解決、かかし(カブ)の呪いも解決、とソフィー無双。

魔力を失った荒地の魔女もハウル&ソフィーといっしょに住むことになります(解決)。

戦争も終わり、老婆の呪いもいつの間にか解けていて、ハウルとは両思いで「良かった!」と思う反面、すっきりしないモヤモヤが残ります。

ソフィーは実は魔女だったんじゃ?と思われるほど、いっきに全部解決してしまうのが、かえって「つまらない」ですよね。

主人公がひとつひとつ問題を解決して、視聴者に「やった!」と思わせるような過程がないため、カタストロフを感じられず、「分からない」「面白くない」といわれてしまうようです。

【ハウルの動く城】面白いという意見

ネットでは「こう見れば面白い」という考察もありました。

・「このシーンにはこんな意味がかくされている」「監督のこんなメッセージが隠されてる」と裏読みをせず、素直に見た方がよい

・ストーリーやテーマといった理屈より、雰囲気や世界観を楽しむ映画なのでは?監督の言いたいことは探さなくてもいい

といったように、ハウルの世界観や雰囲気を素直に楽しんだ方が良いという声がありました。

確かにソフィーの住む町や王宮の雰囲気、港町やハウルの城、高山の美しい風景など、ジブリならではの素晴らしいシーンがいくつもあります。

細かいところまで繊細に描かれた街並みや、空気感のある自然描写はまさに芸術。

それを楽しめれば、ストーリーのあらは気にならないという人もいます。

ジブリ以外の映画を見慣れているファンには、ハウルのようなストーリーは物足りなく感じるのでは?という人も。

分かりやすい勧善懲悪のストーリーだけでなく、時にはふわっとした映画を見ても楽しめるかもしれません。

一度だけ見て「つまらない」「わからない」とするのではなく、何度か見ることで面白さが分かってくるという声もありました。

確かにセリフや行動が伏線になっている場面がかなりあります。

一度でストーリーをつかめる分かりやすい映画が支持される一方、何度も見て面白さを深めていくという楽しみ方もあるようです。

【ハウルの動く城】面白い・好きなシーンベスト

ベーコンエッグを食べるシーン

いちばん多かったのがこちらw

ハウルが作ってくれたベーコンエッグ、とても美味しそうでしたよね!

食事風景に定評のあるジブリ映画、今作ももちろん手抜きはありません。

ハウルのイケメンぷり、ソフィーの胸キュン描写、マルクルとカルシファーの可愛さ、たまごとベーコンの焼ける様子など、ハウルいちの名シーンともいえます。

テーブルの上がごちゃごちゃしてるのもリアル^^

無国籍な雰囲気

美しい街並みはヨーロッパ、とくに原作者ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの出身地でもあるイギリスを意識して作られたそうですが、宮崎監督がイタリアを好きなこともあり、制作していくうちにイタリアっぽくなってしまったそう。

でもそれが絶妙な無国籍風となり、さらに魅力のある風景になっています。

美しいだけでなく、そこで生活する人々の様子もしっかり描き込まれていて実在する街のようですよね。

動く城の内装が魔法でがらっと変わる「お引越し」も好きなシーンです。

魔法の効果・描写が楽しい

無国籍風な世界観に合わせ、魔法の描写も独特なものになっています。

ハウルの魔法はソフィーと空を飛んだり、髪の色を変えたり、王様に化けたりと万能である一方、魔力を使いすぎて怪鳥(魔物?)になりかける描写もあり、リスクがちゃんとあるという設定です。

サリマンの魔法は杖ひとつで波や夜空の幻覚を見せたり、星の子の力でハウルを攻撃したりとかなり強力なもの。

魔法使い同士の激闘というには物足りませんが、ふたりの魔法を使うシーンは「何が起きるんだろう」とワクワクする描写になっています。

カブ(隣国の王子)の活躍

大きすぎる伏線として視聴者を驚かせたかかしのカブ。

ラストで正体が分かった時には、「??!」となりましたw

見直してみれば冒頭ハウルの城を連れてきてくれたのもカブだし、終盤で壊れた城の落下を防いでくれたのもカブ。

要所要所でソフィーたちを手助けしてくれる良き相棒だったのです。

そんなカブの隠れた活躍に注目して見るのも面白いですよね!

ラスト、ソフィーからのキスで元の姿に戻れたのに、速攻で失恋したのは可哀そうすぎますが・・・。

そのほか、「カルシファーがかわいい」「主題歌がいい」「宮崎ブランドの安定感」など好評な意見も多くありました。

がっかりする人が多かった作品でもありますが、見方を変えれば楽しめるところもたくさんあるハウル。

お気に入りのシーンが見つかるかもしれませんね。

まとめ

「ハウルの動く城」は、視聴者やこどもたちからは「つまらない」「わからない」「面白くない」と言われてしまうことも多い。

つまらない・わからないの理由としては、ストーリーがわかりにくい、キャラクターの行動がわからない、戦争の設定がわからない、結末がわからないなど。

全体的に設定を盛り込みすぎ(ファンタジーで恋愛もの、戦争も)で、ふんわりとしているのでわかりにくい。

面白いという意見もあり、深読みしないで雰囲気などを楽しんだほうがいい、初見ではわからないが何度も見ていると面白さに気づく・・・という感想もある。

■ 関連記事 ■

【ハウルの動く城】ハウルの黒髪がかっこいい!金髪とどっちが人気かについても

【ハウルの動く城】ソフィーのお母さんは冷たい?母親との関係やかわいいという評判も

【ハウルの動く城】荒地の魔女とサリマンの関係は?若い頃に城から追い出された理由も

【ハウルの動く城】犬の名前は?犬種・鳴き声やパクリ疑惑についても

【ハウルの動く城】荒地の魔女が心臓を欲しがる理由は?

【ハウルの動く城】うましかての意味とは?使い方やネットの評判も

コメント

タイトルとURLをコピーしました