ハリーポッターと秘密の部屋・魔法の剣の名前は?登場シーンと能力についても

映画

全世界で大ヒットとなった『ハリー・ポッター』シリーズ。

『秘密の部屋』のクライマックスで登場する剣がカッコイイと評判です。

どんなシーンで出て来るのか?
剣の名前や由来は?

そのほかトリビアもまとめてみました!
(作品の重大なネタバレを含みます。ご注意ください)

秘密の部屋に出て来る魔法の剣について

魔法の剣の名前

グリフィンドールの剣(Sword of Gryffindor)と呼ばれています。

ホグワーツ魔法魔術学校の創始者のひとり、ゴドリック・グリフィンドールが持っていた剣です。

所有者の名前がそのまま付けられたようです。

グリフィンドールの剣は、10世紀末にラグヌック1世(当時のゴブリンの王)によって作られました。

純銀製で、柄にはルビーがちりばめられている細身の剣です。

グリフィンドールの剣の能力

小鬼(ゴブリン)が作り出した武器が持つ特性を持っています。

自らの力になるもの(バジリスクの毒など)を吸収し、さらに力を増します。

錆や汚れもつくことがなく、とても強力な武器です。

そして「真のグリフィンドール生」が求めた時に、組み分け帽子の中から取り出すことができます。

元の所有者であるゴドリック・グリフィンドールの意志が宿っており、生徒が剣を求める思いを感じ取って現れるのかもしれません。

そのため、普段は帽子の中に隠されています。

ゴドリック・グリフィンドールとは

中世の魔法使いであり、ホグワーツの創始者のひとりでもありました。

ホグワーツでは教授になり、生徒たちを教えていました。

とても勇猛果敢な魔法使いで騎士道精神にあふれており、魔法だけでなく剣の達人でもあった彼は、マグル(人間)相手の決闘では魔法ではなく剣で戦ったと言われています。

ゴドリックの名前を取ったグリフィンドール寮は「意志が強くて勇敢な生徒」が集まる傾向があり、ダンブルドア校長やマクゴガナル先生、シリウス・ブラックなど有名な魔法使いを多く育てています。

ハリーやロン、ハーマイオニーもグリフィンドール生ですよね!

グリフィンドールの剣の登場シーン

物語終盤のバジリスクとの戦いで登場します。

『秘密の部屋』では、この魔法の剣がハリーのピンチを救います。

おそろしいバジリスクの棲む「秘密の部屋」に入ったハリーは、ひとにらみで相手を即死させる力を持つ巨大な蛇・バジリスクに苦戦します。

そこにダンブルドア先生の不死鳥・フォークスが組み分け帽子を持って飛んできます。

組み分け帽子の中からグリフィンドールの剣を取り出したハリーは、バジリスクのあごから頭に向けて剣を突き通し、バジリスクを倒しました。

このときバジリスクの牙から猛毒を吸収したため、剣に毒性が付与されました。

この毒性のおかげで、のちの『死の秘宝』でヴォルデモートの分霊箱を壊すことができるという伏線になっています。

グリフィンドールの剣を帽子から取り出せたのは誰?

ハリー・ポッターとネビル・ロングボトム

『秘密の部屋』で帽子から剣を出したのはハリーですが、続編の『死の秘宝PART2』ではネビルも剣を手にし、ヴォルデモートの手下であるヘビ(ナギニ)を倒しています。

また、直接帽子から取り出してはいませんが、ロンもグリフィンドールの剣を使ってスリザリンのロケット(ペンダント)を壊しています。

「真のグリフィンドール生」だけが使える武器なので、取り出せるのもグリフィンドールに現役で通っている生徒だけのようです。

そのためか、『死の秘宝』でホグワーツを退学したハリー、ロン、ハーマイオニーの前には剣は現れません。

学校を卒業したり退学してしまった魔法使いには取り出せないようです。

ネビルが剣を取り出せた理由

ヴォルデモートの呪文を跳ね返し、生き残った有名人であるハリーがグリフィンドールの剣を取り出せる資質があるのは分かりますが、ネビル・ロングボトムも剣を持つことができるのは意外ですよね。

とくに『秘密の部屋』では、まだハリーたちのように活躍はしないし、グリフィンドールに選ばれてもオドオドして、勉強もあまりできず人より失敗も多いネビル。

でも彼にもグリフィンドールにふさわしい「勇気」がちゃんとあるのです。

続編の『死の秘宝』では退学して分霊箱を探す旅に出たハリーたちの後を継ぎ、ダンブルドア勢を指揮してヴォルデモート軍と戦うという、頼りがいのある生徒に成長しています。

また、実はハリーと同じ「予言の子」でもあり、ヴォルデモートがハリーを襲っていなければ、ネビルがハリーのような運命をたどっていたかもしれなかったのです。

ネビルとハリーはほぼ同じ資質を持っているため、ネビルがグリフィンドールの剣を取り出すことができるのも不思議ではないのです。

入学当時から注目の的だった有名人のハリー。

魔法的にもエリートな彼に比べ、地味ながらも懸命に勉強し、成長していったネビル。

最初はほうきにもちゃんと乗れなかったネビルが、グリフィンドールの剣を使い仲間のために戦う姿は、ファンにとっても胸が熱くなるシーンのようです。

まとめ

ハリー・ポッターと秘密の部屋で登場する魔法の剣の名前は「グリフィンドールの剣」。

ホグワーツ魔法魔術学校の創始者のひとり、ゴドリック・グリフィンドールが持っていた剣で、

「真のグリフィンドール生」が求めた時に、組み分け帽子の中から取り出すことができる。

物語終盤のバジリスクとの戦いで、組み分け帽子の中からハリーがグリフィンドールの剣を取り出し、バジリスクを倒した。

ハリー以外にも、ネビル・ロングボトムが続編で剣を手にしている。

■ 関連記事 ■
ハリーポッターと秘密の部屋に出て来る継承者は誰?条件やその理由も

ハリーポッターと秘密の部屋で穢れた血めと言われるのは誰?その理由についても

ハリーポッターと秘密の部屋は怖い?その理由と面白いという意見も

ハリーポッターと秘密の部屋・蛇の名前と由来は?能力や弱点についても

ハリーポッターと秘密の部屋・蜘蛛の名前と由来は?特徴や弱点についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました