「美女と野獣」ルミエールのアニメの声優は?日本語吹き替えや評価についても

アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品となったディズニーの「美女と野獣」。

実写映画も公開され、話題となりました。

世界中の女の子を今もとりこにする、ハッピーでロマンチックな物語は何度見ても良いですよね。

主役はもちろんベルと野獣(アダム)ですが、愉快でかわいい脇役たちも良い味を出していて、その中でもひときわユニークなのは、フランス人の給仕頭で「しゃべるろうそく」ことルミエール。

イケメンボイスでも話題となったルミエール、いったい誰が声を当てているのでしょうか?

調べてみました!

アニメ美女と野獣の英語版の声優さんは?

1991年に公開された英語版「美女と野獣」。

ルミエール役の声優さんは、ジェリー・オーバックさん。

当時56歳であの陽気でノリのよい演技をしていたようで、さすがベテラン俳優さんですね。

ルミエールの役柄は、「フランス人の給仕頭。ゲストのもてなしが得意。スマートな身のこなしとダンス、歌が得意。陽気でおおらかな性格」と、なかなかホスト・・・ではなくかっこよさげな設定です。

実際の吹き替えも声とキャラのイメージがぴったり合った、イケメンキャラとなっています。

この「美女と野獣」でアニメ声優をつとめたあと、同じディズニーの「アラジン完結編」にも出演し、「美女と野獣ベルの素敵なプレゼント」「美女と野獣ベルのファンタジーワールド」では同じルミエール役で出演しています。

俳優さんとしては、アメリカテレビドラマの「ロー&オーダー」(1990年9月~2010年5月:全20シリーズ)のレニー・ブリスコー役が有名で、12年間レギュラーをつとめ、知名度もあったようです。

ニューヨーク市警の上級刑事でアルコール依存症という、なかなかクセのある役柄だったよう。

ルミエールとは正反対の、渋いおじさま役も素敵ですね。

残念ながら、ジェリーさんは2004年12月に前立腺がんで亡くなっています。

美女と野獣ルミエールの日本語版の声優さんは?

ルミエールの日本語版吹き替え声優さんは、江原正士(えばらまさし)さん。

劇団昴に所属していたときには、大河ドラマへの出演や、特撮にも役者として出ていたとか。

その後81プロデュース、青二プロダクションと大手事務所に所属している、ベテラン声優さんです。
ルミエールの声をあてたのは38歳のとき。

イケメンボイスとコミカルな演技でルミエールの魅力をあますところなく表現してくれました。

江原さんといえば低め渋めな声が特徴的ですが、演じる役柄によって主人公サイドから悪の大ボス、クールからハイテンション、ギャグキャラまでこなせる幅の広い演技も魅力です。

またアニメやゲームだけでなく、ナレーションや吹き替えでも多くの作品に出演していて、「この声聞いたことある!」という人も多いかもしれませんね。

とくにトム・ハンクスさんの吹き替えは、江原さんが担当することが多いそうですよ。

声優江原正士さんの代表作

・ハリーポッターシリーズ(名前を読んではいけないあの人/ヴォルデモート卿)
・NARUTOーナルトー(マイト・ガイ)
・鋼の錬金術師(光のホーエンハイム)
・ソードアート・オンライン(ゴドフリー)
・きかんしゃトーマス(ジェームス)

などなど。

バラエティに富んでいますね!

アニメ美女と野獣のルミエールの声優の評価

ところで、美女と野獣は吹き替えが最悪でひどいとも言われています。

気になったので調べてみましたが、アニメの美女と野獣のルミエールの吹き替えはとても好評価です!

江原正士さんは上記で上げたように、プロの声優でアニメや映画の吹き替えを多く担当されています。

ルミエールの明るくコミカルなキャラクターを、イメージ通りしっかりと演じられています。
(ただし、ハリー・ポッターの名前を呼んではいけないあの人も担当されているので、そこに違和感を感じられる方もいらっしゃるかも・・・^^;)

では、なぜ美女の野獣の声優がひどいと言われてしまっているのか?

これは、実写版の「美女と野獣」の日本語吹き替えに非難があったからです。

実写版の美女と野獣は、昔からいくつか公開されています。

2017年に公開されたのが、ディズニーアニメ版を忠実に再現した、エマ・ワトソン主演のものですね。

こちらはミュージカルを主体にしたものなので、歌のシーンのために吹き替えに歌手を起用しています。

これによって、アフレコが下手すぎる!という声が多かったんです。

アニメ版の美女と野獣の声優については、ひどいという声はありません。

ルミエールは、最初は違う名前だった?

魔女の呪いによって、燭台に変えられてしまったルミエール。

でも実は、初期の名前はルミエールではなかったそうで、驚きですね。

もともとは呪いで「シャンデリヤ」に変えられる予定で、名前もそれにちなんだ「シャンダル」の予定だったそう。

でも劇中の歌やセリフで「シャンダル」はとても言いにくかったそうで・・・(英語だと言いにくいのかな?)ルミエール(燭台にちなんで)に変更されたようです。

また、このルミエールは、映画技術と実用カラー写真を発明したルミエール(リュミエール)兄弟(トーマス・エジソンと並んで称されるフランスの映画発明者であり、「映画の父」)へのリスペクトも含まれているそうです。

作り手の思いもこもった名前なんですね!

まとめ

アニメ「美女と野獣」ルミエールの英語版の声優は、ジェリー・オーバックさん。

ルミエールの日本語版吹き替え声優さんは、江原正士(えばらまさし)さん。

美女の野獣の吹き替えがひどいという声があるが、これは実写版の美女と野獣の吹き替えについて。

2017年公開の実写版「美女と野獣」はミュージカルということもあり、歌手を吹き替えに起用したが、これによってアフレコが下手すぎるとの声が多かった。

ルミエールは当初シャンデリヤに変えられる予定で、名前もシャンダルになるはずだった。

歌や台詞でシャンダルは言いにくかったので、ルミエールに変更になった。

■ 関連記事 ■
「美女と野獣」の図書館のモデルはどこ?隠れミッキーの噂についても

美女と野獣(アニメ)のポット夫人の声優は誰?日本語吹き替えと歌手についても

美女と野獣(アニメ)のチップの声優さんは誰?日本語吹き替えや途中変更についても

美女と野獣アニメ版の王子の姿にがっかり?ぶさいく・かっこよくないという理由について

コメント

タイトルとURLをコピーしました