「となりのトトロ」かんたがかっこいい!さつきとかんたのその後についても

映画

夏に家族で見たい映画No.1の「となりのトトロ」。

主人公のさつきとメイが暮らす家のお隣に住んでいる男の子、「かんた」が実はかっこいい!イケメンとのウワサです。

かんたはどんな男の子?
さつきとの仲は?
そしてふたりのその後は・・・?

かんたの色々を調べてみました!

「となりのトトロ」かんたがかっこいい!

かんたの人となりについて

かんた(大垣勘太)は、トトロの主人公さつきたち一家が引っ越して来た家の隣に住む男の子。

親切で面倒見の良い隣の「おばあちゃん」(さつきの家の管理もしてくれている)の孫にあたり、小学校もさつきと同じクラスです。

さつきとの出会いは、引っ越しの日に自分の家で作ったおはぎをに届けに来てくれた時。

実はその前に、引っ越しのトラックに乗っていたさつきを見かけており、気になっていたようです。

ところが照れ隠しからか、「やーい、お前ん家、お化け屋敷ー!」と言ってしまい、おばあちゃんに「コラー!かんたー!」と怒られて逃げて行きます。

大人になって見てみると、さつきのことを意識するあまりつい意地悪をしてしまう小学生男子に大共感w

ほっこりするシーンですよね。

でもさつきにとっては最悪な第一印象だったようで、その後学校でも通りすがりに舌を出したりするシーンがあります。

また、かんたは昭和28年当時の男の子らしく、よく家の仕事を手伝っているシーンも。

昔の子どもは学校が終わると、家の仕事をするのが日課だったようですね。

働き者でもあるかんた、かっこいいですね!

かんたのかっこいいところ:雨の日に傘を貸してくれる

ある日の帰り道、雨が急に降って来て、さつきとメイは道端の小さな地蔵尊で雨宿りをします。

どんどん雨は激しくなってきて、途方にくれるさつき。

そこへ学校帰りのかんたが通りがかります。

かんたは大人用の大きな傘を持っていましたが、それをふたりに貸してくれます。

「・・・ん!」

何も言わず、ずいっと傘を突き出すかんた。

男らしい・・・。
でも、さつきはかんたが濡れることを心配し、受け取るのをためらいます。

するとかんたは地面に傘を置き、走って行ってしまいます。
何も言わないまま・・・。

「お姉ちゃん、良かったね」

何も知らないメイは素直に喜びますが、さつきは複雑な顔。

普段意地悪なかんたの、不器用な優しさに気づいたのかもしれません。

今と違い、傘は貴重で高価なもの。

折りたたみ傘ももちろんない時代に、自分のさしていたひとつしかない傘を貸してくれると言うのは、かなりの男前ポイント。

実は傘には穴が開いていたのですが、それでもさつきは嬉しかったに違いありません。

ここから、ふたりの距離は少しずつ変わっていきます。

その後さつきは傘を返しにかんたの家に行くのですが、かんたはまたも照れ隠しなのか隠れて出てきません。

そしてさつきが帰った後で、テンションが上がったのか、持っていた飛行機模型で声を出しながら遊び始めます。

おばあちゃんが誰か来たのかと尋ねますが、かんたは「知らない」と返事。

知ってるくせに!!

ここはかっこいいというよりも、可愛いポイントですね!

かんたのかっこいいところ:さつきとケンカしたメイに声をかけてくれる

お母さんの退院の日が延びてしまい、駄々をこねるメイを叱ったさつき。

いつもはしっかり者のさつきですが、不安からつい苛立って、メイに当たってしまいます。

メイはお姉ちゃんに怒られてますます大泣き。

そんなメイに、かんたは優しく話しかけます。

小さな子への面倒見の良さが出ていますね。

おばあちゃん譲りなのかもしれません。

かんたのかっこいいところ:迷子のメイを一緒に探してくれる

入院中のお母さんに会いにひとりで七国山病院まで向かったメイは、迷子になってしまいます。

病院は「大人の足でも3時間はかかる」という遠いところ。

村中で探してくれますが、なかなか見つかりません。

かんたも大人用の自転車に乗り、あちこち探し回ってくれたよう。

ここで見せる、自転車の「三角乗り」もかっこいいポイントです。

当時、自転車もとても高級品で、子供用のものも生産数が少なく、ほとんど出回っていませんでした。

そのため、子どもたちは貴重な大人用自転車を工夫して乗りこなしていたのです。

サドルには跨らず、フレームの三角形の部分に右足を入れ、ペダルを半回転させながら前に進む、通称「三角乗り」。

不安定な乗り方のため転ぶ子どもも多かったようですが、かんたはしっかり乗りこなしていますね。
運動神経もばつぐんのようです。

ここでさつきとかんたは更に信頼度を深めていて、さつきはかんたのことを「かんちゃん」と呼ぶまでになっています。

さつきとかんたのその後について

物語の中では、かんたとさつきのその後は描かれていません。

でも、もしかしたらと想像させてくれるヒントはあります。

エンディングロールのイラスト

エンディングで、さつきのいる女子グループと、かんたのいる男子グループが言い合いをしているイラストがあります。

男の子たちはグローブやバットを持ち、女の子たちもはボールを持ってにらみあっているので、遊びの場所取りのような争いかな?と思われますが、その中でかんたは何故か、ひとり対立に参加していないようです。

ちょっと後ろに引いて、女の子たちの様子をうかがっている・・・というような描かれ方をしています。

さつきのことが気になって、あまり女子とはケンカしたくない…という雰囲気も読み取れます。

小学生らしい、ちょっぴりの「恋心」が芽生えているのかもしれませんね。

また、別のエンディングイラストでは、さつきとメイ、かんたが仲良く焼き芋をしているものがあります。

ここからも、姉妹とかんたがすっかり打ち解け、仲良くなっていることが分かります。

同い年の幼なじみから彼氏彼女になるというのは、とても自然な流れですよね。

さつきとかんたは、ケンカしながらも仲の良いカップルになりそうです。

宮崎監督の発言

2008年の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、監督は
「主人公たちは作品完成後もきちんと年を重ねており、今では嫁いで幸せに暮らしている」
と言っています。

「あの人たち(さつきとメイ)はすっかりもう成人になってます。すっかりいい娘になって、その後結婚した後は、知らない(笑)」

監督の頭の中では、さつきもメイもちゃんと大人になり、結婚もしているとのこと。

さつきがかんたと結ばれているかどうか、真相は分かりませんが、あの仲の良さだと結婚していても不思議はないようです。

おばあちゃんもきっと喜んでくれそうですね。

まとめ

かんたはさつきとメイが引っ越してきた先の隣の家に住んでいる男の子。

さつきの家をお化け屋敷とからかったことで第一印象は最悪だったが、小学生男子そのものの純情で照れ屋な面がある。

「お前ん家はお化け屋敷」とからかうかんたは、まさに「好きな子をいじめる」典型的な男の子。

でも傘を貸してくれたり、迷子のメイを一緒に探し回ってくれたりと、さつきが困っている時はいつも手助けしてくれる優しいところがある。

そんなかんたはまさに「かっこいい男の子」ですね!

■ 関連記事 ■
「となりのトトロ」お父さんの仕事や職業は何?人柄についても

「となりのトトロ」お母さんの病気は何?その後退院できたかどうかについても

「となりのトトロ」の「しちこくやま」のモデルは2つ!新山手病院と東京白十字病院について

トトロやススワタリが見える条件は?大人には見えない理由についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました