名探偵ピカチュウ(実写)は怖いし気持ちが悪い理由は?海外の反応や評価についても

日本が生んだスーパースター、世界で2番目に有名なネズミこと「ピカチュウ」!

ポケモンを遊んだことがある人はもちろん、ない人も、名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

黄色くてまるい体、かわいい鳴き声、サトシとの絆。
こんな生き物が本当にいたら・・・。

肩に乗せたり、いっしょに散歩したい!なんて考えたことありますよね。

そんな子供の頃の夢が、ついに映画になりました。

それが今度地上波初登場となる「名探偵ピカチュウ」です!

ところが可愛さの宝石箱であるはずのピカチュウに、「怖い」「キモい」との声が・・・。

そんな!いったいどうして??気になって調べてみました。

「名探偵ピカチュウ」が怖い気持ち悪いと言われる理由

怖いと言われる理由、それは「毛が生えている」から!

TVCMや映画の公式ホームページを見て、びっくりした人も多いのでは?
そう、ピカチュウに「毛」が生えているんです!

しかもけっこうフサフサと・・・。

子供のころゲームやアニメで親しんだピカチュウは、どっちかというとつるっとしたイメージですよね。
リアルではこんなに毛が生えているなんて・・・。

映画のPRのため、公開前に紹介されたピカチュウの画像は、全世界に衝撃をもたらしました。

3Dで立体的にはなりましたが、リアルな体毛を持ち、顔にはシワが刻まれているピカチュウに「怖い!」「気持ち悪い!」の声が集中。

実写版の予想外の毛深さや、人間くさすぎる表情に、違和感を覚えた人が多かったんです。

アニメやゲームでなじんだ、あの「かわいらしさ」からは180度違ったピカチュウに非難も多く、それだけ映画に対する期待が高かったともいえるでしょう。

もし現実世界にポケモンがいたら・・・。

確かにねずみポケモンには「体毛」が生えているのも納得ですが、でも「違う!そうじゃない!」と言いたくなってしまいますよね。

「怖い」から「かわいい」になった理由は?

それでも、日本のアニメーション的なピカチュウを見慣れていない人々からすれば、この実写版ピカチュウは実在の犬やネコなどのペットに近いため親しみやすいとの声も。

確かに体毛のかんじは犬やネコに似ていますね。
もふもふ、ふわふわのぬいぐるみみたいです。
さわり心地も良さそうで、ちゃんと血の通った生き物!というかんじがします。

アニメやゲームの平面的なピカチュウを現実世界になじませるためには、動物なのに「つるっ」とした体だとかえって違和感もありそうです。

体毛だけはびっくりですが、そのほかは丸い目や赤いほっぺ、小さな口元など見事に3D化されています。

長い耳や、しっぽのあのカタチもしっかり再現されていてかわいいですよね!

そう、第一印象は「怖い」「キモい」ピカチュウも、見慣れてみれば「けっこうかわいい」んです!

そして、実写版ピカチュウが「かわいい」という声が増えたのは、ピカチュウの動く姿が公開されたからです。

ピカチュウはどこが「かわいい」?

この「名探偵ピカチュウ」の舞台ライムシティは、ポケモンを利用する存在ではなく、共存する世界として描いています。

そのため、街のいろいろなところに見覚えのあるポケモンがうろうろしています。
(ポケモンバトルは禁止されている闇の競技というような設定です)

子供のころ一生懸命集めたり育てたりしたポケモンたちが、画面のいろいろなところにひょっこり登場しています。
それを探すのも楽しいですよね^^

登場しているのは、ゲーム「金&銀」までのポケモンが多いようです。

ポケモンと人間のサイズ感も注目。
たいていのポケモンは、想像より大きめです。

そして感情表現も豊かで、愛嬌もあり、見ているうちにどんどん可愛くなってきますよ。

そして本作の主役ピカチュウ!

静止画より動いた方がだんぜん可愛い!

もふもふの見た目で、中身は達観したおじさんというギャップがまた良いですね。
(「アナと雪の女王」のオラフや、くまのプーさんと似ていますね)

コーヒー中毒&女慣れしているという名探偵の要素(?)もばっちりです。

「名探偵ピカチュウ」の海外の反応

映画の公開前に公式ページで紹介されたピカチュウのダンス動画(現在もYouTubeで公開中)にノックアウトされた人が続出し、映画は世界中で大ヒットしました!

すっごい可愛い!って呟いているひとがたくさんいます。

2019年5月11日に劇場公開されたので、1周年記念だったんですね。

今日は「名探偵ピカチュウ」の1周年記念だよと呟いてくれている人たちがたくさんいましたよ!

ピカチュウはすごくかわいいけれど、英語版の声優ライアン・レイノルズさんの声が可愛さを台無しにしているとの声もありますね。

やっぱりおっさんの声というのは違和感があると、海外の人も思うんですね^^;

「名探偵ピカチュウ」は北米を筆頭に、中国やイギリス、イタリア、オーストラリア、タイ、台湾などで初日興行収入ランキング1位を獲得。

映画の半券でもらえる「しわしわ顔ピカチュウのステッカー」は人気がありすぎて増産されたほどでした。

おまけ:やっぱり「怖い」ポケモンたち

とはいえ、やっぱり「怖い」ポケモンもいるようです。

今回「名探偵ピカチュウ」が怖いし気持ちが悪いと言われた理由は、ピカチュウ以外のポケモンがリアルすぎたというのも理由の一つです。

・ベロリンガ(なめまわしポケモン。デカくてヌルヌルしている。ベロがリアル)
・エイパム(最強に怖い!リアルな歯をむきだしにするシーンは失禁もの)
・リザードン(恐竜っぽい。カッコよさもある)
・ルンパッパ(夢に出たら怖い。一瞬なのにインパクトありすぎ。ファービーっぽい)
・バリヤード(うざ可愛い)
・ミュウツー(ラスボス感。活躍する)

「再現クオリティが高すぎてかえって怖い」「エイパムが一番ヤバイ」という声もあり、ポケモンファンの反応もさまざまなようです。

でも動いているリアルなポケモンを観られるのは「名探偵ピカチュウ」だけ!

子供のころのお気に入りポケモンを探してみるのはいかがでしょうか?

まとめ

「名探偵ピカチュウ」が怖いと言われている理由は、ピカチュウに毛が生えているから。

アニメのピカチュウを見慣れている日本のファンには毛がふさふさピカチュウには違和感があった。

実際に動いている実写のピカチュウが公開されると「意外と可愛い!」と好評価に。

海外の反応も「とても可愛い!」というものが多い。
海外でも「おっさんの声が台無しにしている」という評価もあった。

■ 関連記事 ■
「名探偵ピカチュウ」主人公の父親は白人!子供は黒人なのにどうして?

「名探偵ピカチュウ」のヒロインがかわいい!どんなキャラなのかについても

名探偵ピカチュウはつまらない?ひどい理由や「泣ける」の声は?

名探偵ピカチュウがおっさんなのは正体がティムの父親だから?行動やセリフについても

「名探偵ピカチュウ」の正体はハリー?なぜしゃべれるのかについても

コメント

タイトルとURLをコピーしました