【アナと雪の女王2】はひどいし意味がわからない?ネットの評判まとめ

映画

2019年に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王2』。

10代~20代の女性を中心にファミリー層など幅広い年代に人気があり、日本での興行成績は133億6000万円という大ヒットとなりました。

しかし、観たファンからは「ひどい!」「意味が分からない」という声があるようです。

いったいどこがひどいのでしょうか?
意味不明なのはどんなシーン?

ネットの意見もまとめました。
(作品のネタバレを含んで作成しています。ご注意ください)

【アナと雪の女王2】ここがひどい

脚本(ストーリー)がひどい

大ヒットした『アナと雪の女王』の続編として制作された今作。

しかし、視聴者は前作ほどの感動を味わえなかったようです。

もともと大ヒット作の続編は期待値が高まっていて、辛めの評価になりがち。

今作も「ご都合主義の後付け設定」が足を引っ張っているようです。

「ご都合主義的な後付け」でもっとも視聴者が気になったのは、エルサの父親が「魔法を知っていた」とされていることではないでしょうか。

エルサたちの父親は今作で、”子供の頃に魔法の森で魔法に触れたことがある”という設定をつけられています。

視聴者からすると、では「何故エルサを長い間閉じ込めていたのか?」という疑問がわきますよね。

物語としての矛盾が起き、ストーリーを素直に楽しめなくなってしまった人もいるようです。

また過去の出来事が語られたり、新キャラクターの精霊たちが登場したりという複雑なストーリーが、大人でも分かりにくくなっているという声も。

前作は「白馬の王子さまが登場しない」という画期的な作品で、ディズニーアニメの幅を広げ、それが大ヒットにつながったと言われていますが、今作はやや重い内容で「政治的な問題を取り入れた」とも言われています。

エルサとアナのかかえる個人的な問題を無理やり魔法の森と結び付けようとした結果、どちらの解決にもなっていなかったり、ストーリーが中途半端になって「民族の多様性」といったメッセージ性が弱くなってしまっているという意見も。

さまざまな問題を意欲的に取り入れたのは評価できるといえそうですが、脚本としては「ひどい」「ストーリーが浅い」「とっちらかっている」という感想になっているようです。

エルサがひどい

主役のエルサが「ひどい」という意見もあるようです。

エルサの行動が「自分勝手」「行動の意味が分からない」という人もおり、前作で取り戻したはずの姉妹の絆がまたギクシャクしている…ということにがっかりするファンも。

エルサの劇中での人間離れした「強さ」(アベンジャーズのキャラ並み)やラストで本当に神格化(?)し、アナと別れ母方の国の女王として生きるところなども「ひどい」と言われているようです。

美しい見た目のエルサですが、行動にはなかなか共感できませんでした。

物語終盤でエルサが「第5の精霊」だったことが判明したため、”ひどい”行動も人間ではなかったから…と納得できるかも?

クリストフの扱いがひどい

「ひどい」と言われるのはアナの恋人、クリストフの扱い。

シリアスなシーンなのに、ひたすらアナにプロポーズすることしか考えていないようなコメディキャラにされてしまっています。

前作に引き続き「白馬の王子さま」がいない『アナ雪2』ですが、クリストフは一応王子さま的存在なはず…。

しかしおかしなソロパートの歌など、なかなか「かっこいい!」キャラにはなりきれていないようです。

でもそんなクリストフが「好き」というファンもいるよう。

扱いが「ひどい」ところもチャームポイントなのかもしれませんね。

ハンスの扱いもひどい

前作では裏切者として登場した、イケメンのハンス王子。

悪役ではあるものの、意外と隠れファンも多いキャラとして有名です。

『アナ雪2』では直接登場はしないのに、「扱いがひどい」と言われています。

それはアナがハンスの物まねをして、その答えが『悪者』だったり、ハンスの姿をした氷像をエルサが速攻で壊すなどのいじられキャラになっているから。

悪役とはいえかなりの愛され度で、再登場を期待しているファンも多いようですw

曲がひどい

前作のファンの苦情が多いのが、「曲がひどい」というもの。

世界的大ヒットとなった”レリゴー”に比べ迫力や覚えやすさがなく、翻訳も「ひどい」と言われています。

また、劇中で披露されるクリストフのソロ曲「恋の迷い子」は、自身の思いをアナへ向けて歌ったもの。

しかし「80年代のロックバラードをオマージュして作られた」というこの曲、「ダサい」「ひどい」とかなりの不評を買っているようです。

日本語訳がひどい

英語版で観た人からは「ひどい」と言われている日本語版。

字幕版で観た方がより深く楽しめるのかもしれません。

オチの伏線がひどい

1回観たファンからは「分かりやすい伏線」として登場する冒頭・昔話の中の「ダム」。

ダムといえば日本でも問題になることの多い建築物ですよね。

魔法や精霊が存在する設定の世界観なのに、急に「ダム」という人工物が登場するため、不自然に感じた人もいたよう。

このダムは今作のクライマックスで大きな役割を持っているため、伏線としてはしっかり張られているのですが、勘の良いファンからは「(分かりやすすぎて)ひどい」と言われているようです。

【アナと雪の女王2】ここの意味が分からない

精霊関連の話がよく分からない

今作の感想で多いものがこちら。

「精霊たち関連の話がよく分からなかった」という意見が多くみられました。

「精霊」とは、今作で新しく登場したキャラクター。

風(ゲイル)・火(ブルーニ)・水(ノック)・大地(アース・ジャイアント)の4つの精霊たちが、エルサたちと戦ったり協力したりしてくれます。

しかし唐突に登場した精霊たちの掘り下げがイマイチで、なぜアレンデール王国に災いをもたらしているのか、なぜエルサに協力してくれるようになるのかは映画を観てもよく分からないと言われているようです。

これは前述の「ご都合主義の後付け設定」でもあり、物語をファンタジー&アクションにしようとした結果、無駄に分かりにくいストーリーになってしまったよう。

気軽に楽しめた前作と違い、変に複雑で重い内容になっているため、「意味が分からない」「面白くない」となってしまうのかもしれません。

世界観が分からない

こちらも前述の「ご都合主義の後付け設定」の影響を受けているようです。

前作の世界観とは違い、「エルサの父親は魔法を知っていた」「他国と争った過去がある」などの設定が後付けされています。

魔法や精霊があるという世界観なのに、ダムという人工物が出て来るなど世界観がブレているという声も。

観ていて疑問がわいてしまい、ストーリーに入り込めなかったという人もいたようです。

登場人物の行動が意味不明

「アナとエルサの行動が意味不明」など、登場人物の行動が「よく分からない」。

ご都合主義の話に合わせた意味のない行動に感じるという人が多いようです。

エピソードが詰め込まれているわりにどれも掘り下げが少なく、展開のための行動をキャラクターが取らされているためキャラのブレが起きたり「意味が分からない」行動のため「共感できない」「よく分からない」と言われているようです。

とくにエルサが旅立つ理由(謎の声に導かれる)や、エルサが消えてしまうことに過剰に敏感なアナなど、視聴者にとっては「?」となってしまう場面も多く、「続編のために無理やり行動させられている」と感じる人もいたよう。

そのほか、「エルサたちの両親が過去に魔法を知っていたにも関わらず、前作でエルサを閉じ込めていたのが意味不明」「クリストフの歌の意味が分からない」「オラフのキャラが変わったのが意味不明」など、メインキャラの行動の意味が分からないという感想が多いようです。

前作で”夏に憧れる陽気な雪だるま”として大人気になったオラフですが、今作では字が読めるようになっていたり、雑学や名言を披露したりと”大人向け”な性格に。

またある意味クライマックスともいえるオラフとの別れのシーンも「オチが見え見え」「悲しくならない」と不評のようです。

エルサが一人になってしまう意味が分からない

物語のラスト、エルサは「第5の精霊」として森に残り、アナはアレンデールの女王として別れて暮らすことになります。

「え?!あれだけいっしょにいることにこだわったのに?」と驚く人も。

そしてアナはクリストフと結ばれ幸せに暮らすことが示されていますが、エルサはまたひとりぼっちに…。

この結末の「意味が分からない」と感じるファンが多く、賛否両論ももっとも多くなっているようです。

アナには前作から王子さま的存在(ハンスやクリストフ)がいましたが、エルサには意図的なほど、ボーイフレンドやガールフレンドが用意されていません。

作品のテーマがシリーズをとおして「愛」だったにも関わらず、エルサのロマンスは描かれることはありませんでした。

「姉妹愛」「家族愛」が強調されながらも、結局はふたりが離れて暮らす…(行き来できる距離ではあるようですが)。

人付き合いが悪いわけでもなく、自身の力を受け入れ自分を愛する事ができたエルサなら、アレンデールの立派な王になれたのではないのでしょうか?

「女性がひとりで自立して生きて行く」という時流に乗り、多様な生き方をあらわしているのかもしれませんが、アナとの描写の差が「かわいそう」「意味が分からない」と言われてしまうようです。

クリストフのソロパートの意味が分からない

良い意味で「意味が分からないwww」と言われているのがクリストフのソロパート。

今作でついに歌を披露したクリストフですが、そのシーンの意味が分からないとウケているようです。

「意味不明だけど面白い!」「最高」と大人気の歌のシーン、ぜひ注目して観てくださいね。

まとめ

『アナと雪の女王2』は、中心にファミリー層など幅広い年代に人気がある大ヒット作だが、観たファンからは「ひどい!」「意味が分からない」という声がある。

ひどい理由としては、脚本(ストーリー)がひどい・エルサがひどい・クリストフの扱いがひどい・ハンスの扱いもひどい・曲がひどい・日本語訳がひどい・オチの伏線がひどいというもの。

意味が分からない理由としては、精霊関連の話がよく分からない・世界観が分からない・登場人物の行動が意味不明・エルサが一人になってしまう意味が分からない・クリストフのソロパートの意味が分からないというもの。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました