大蛇に嫁いだ娘は気持ち悪い漫画?kindleで読めるのかについても

『大蛇に嫁いだ娘』は、山の主である大蛇様と孤独な少女ミヨのちょっと変わった恋物語です。

ミヨは供物として大蛇様に嫁ぐことになり、はじめはその恐ろしい姿に怯えていましたが、生活をともにするうちに気持ちに変化が―。

pixivコミックでも温かなふたりの関係に人気が集まりましたが、一部の読者からは「気持ち悪い」という声が。

どんなところが気持ち悪いの?

そのほかkindleで読めるのかも調べてみました!
(作品のネタバレを含んで作成しています。ご注意ください)
(※2022年9月時点の情報です)

【大蛇に嫁いだ娘】ここが気持ち悪い

蛇が気持ち悪い

レビューでは意外にも「気持ち悪い」という声は少数でした。

現在単行本2巻まで発売されている『大蛇に嫁いだ娘』。

どちらも表紙には、大きな蛇がどかんと描いてあります。

主人公・ミヨの旦那様である大蛇が「気持ち悪い」という人がいるようです。

蛇が苦手・嫌いという人は多いので、しかたないかもしれませんね。

本作の蛇(大蛇様)は狐を丸のみできるような大きさでかなりリアルに描かれ、神様としてまつられているため人の言葉も話せます。

蛇であっても人間のような感情を持ち、とても紳士的なのですが、そこがかえって「気持ち悪い」と思われてしまうのかもしれません。

また異種族夫婦というテーマのためちょっぴり大人向けなシーンもあり、2巻では蛇と人間の交尾シーンが描かれています。

好きな人には「良かった」「エロかった!」と高評価ですが、蛇が苦手な人には「気持ち悪い」となってしまうシーンかもしれません。

絵柄が気持ち悪い

「絵が古い」「じっとり湿った雰囲気がある」など、絵柄について「気持ち悪い」と感じた人もいるようです。

いわゆる流行りの整った絵ではなく、劇画に似たタッチで物語の原始的な雰囲気に合ってはいるのですが…。

この絵柄でリアルな山の動物たち、大蛇様の捕食シーンや交尾が描かれるため苦手な人も多いのかもしれません。

一方、この絵柄が「好き」「力がある」とファンになった人も多いよう。

「エネルギッシュな絵」「蛇がリアルで好み」「絵はあんまり上手くないけどそこがエロい」など、絵柄が購読の決め手になった人もいるようです。

気持ち悪いけど面白い

「気持ち悪いけど面白い」「続きが気になる」というファンがとても多いようです。

「本物の蛇は嫌いだけどこの漫画は好き」と、蛇嫌いの人でも面白く読めるよう。

「蛇が美青年になったり、娘がすぐデレたりしないところが良い」「ミヨが大蛇様に心を開いていく様子がていねいに描かれている」など、青年漫画というよりも少女漫画に近い丁寧な心情描写も人気のようです。

帯に書かれている「畏怖×純愛」というアオリどおり、娘が虐げられる異種姦ものではなく、むしろピュアで天然な大蛇様とのラブラブっぷりを楽しむ漫画でもあるようです。

「シリアスあり、コメディあり、エロありで最高に好き」という人も。

大蛇様の恐ろしい外見からは想像もつかないほど、ちょっとコミカルであたたかい愛情を感じることもでき、タイトルや表紙を良い意味で裏切ってくれるところが人気の理由かもしれません。

【大蛇に嫁いだ娘】はkindleで読める?

kindleで読める

amazonでは、紙の単行本とKindle本を購入することができます。

Kindleでは『大蛇に嫁いだ娘』単行本は現在2巻まで、【分冊版】は第17話まで販売されています。

単行本1巻は40P、2巻は20Pを無料で読むことができます(登録しなくても読めます)。

【分冊版】は8P無料です。

購入前に内容や絵柄を確認できるのでおすすめです。

Amazon kindleで配信されている作品は、現在「Amazonショッピング」アプリからは買うことが出来ません。
(Google play Storeのポリシーに準拠するためだそうです)

「Amazonショッピング」アプリ上で「欲しいものリスト」に追加し、ブラウザからAmazonのサイトにアクセスして購入してください。

読むときはkindleアプリやFireタブレット、またはブラウザでお読みください。
(※2022年9月時点の情報です)

\200万冊以上が読み放題/

KindleUnlimitedの登録はこちら >>

まとめ

『大蛇に嫁いだ娘』は、山の主である大蛇と孤独な少女ミヨのちょっと変わった恋物語。

pixivコミックでも話題になったが、一部の読者からは「気持ち悪い」という声がある。

気持ち悪いという声の理由は、蛇が気持ち悪い・絵柄が気持ち悪いというもの。

「大蛇に嫁いだ娘」はアマゾンのkindleで読むこともできるし、紙の単行本も発売されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました