ボンレスカフェin原宿2019の感想・体験談!2018年のイベントメニューと比較して評価

グルメ・イベント・旅行

むっちりとしたフォルムの犬と猫が可愛い、もふ屋さんの大人気LINEスタンプ、ボンレス猫とボンレス犬。

私も大好きで、スタンプはもちろん絵文字に壁紙にと使っております^^

さて、このもふ屋さんのコラボカフェが2018年に引き続き、今年も期間限定でオープンしています!

今回は東京会場のボンレスカフェ原宿についてまとめてみました。

ボンレスカフェ原宿の場所は?

ボンレスカフェ原宿を開催しているのは、去年と同じ『HARAJUKU BOX CAFE & SPACE』です。

『HARAJUKU BOX CAFE & SPACE』
東京都渋谷区神宮前4-28-28 ルチェッシモビル2F

原宿駅からは徒歩10分と、けっこう歩きます。

カフェの利用方法と特典について

カフェ利用には事前予約が必要です。

事前予約者限定カフェ利用特典が付くのですが、はっきり言えば入場料が別にかかるということです。
コラボカフェってメニュー料金も高いのに、なんで別に入場料まで取るんだろうと疑問です。

他にもカフェ利用特典として、塗り絵ランチョンマットがプレゼントされます。
これは去年も絵柄は違いますが、ランチョンマットにプレゼントはありました。

このランチョンマット、普通の紙なので、折りたくなければ大きめのカバンにクリアファイルなどを持っていくといいですよ。

ドリンク注文特典として、ランダムな絵柄でにオリジナルコースターもプレゼントされます。
これももちろん紙です(笑)

紙であってもファンにとってはカフェ限定の絵柄なので、嬉しいかな。

予約時間にお店に行くと、店内に入る前に注文を聞かれます。

基本、席についてからの追加注文はできない仕様なので、注意してくださいね。

ボンレスカフェ2019のメニュー

メニューについてですが、はっきり言って去年よりランクダウンしたと思わざるを得ない感じです。

ボンレスカフェ2019in原宿のメニューはこちら。

ビックリしたのが『犬が湯切りしたダシ焼きうどん』。

うどんて!!

コラボカフェで一番やっちゃいけないのが、安易にうどんに走るケース。

ぼったくり感が半端ない・・・。

コラボカフェと言うと、メニューやドリンクがどうしても高いイメージがありますが、それでも去年のボンレスカフェのメニューはとってもボリュームがあって美味しかったです。

ボンレスカフェ2018のメニューと比較

ボンレス犬のハンバーガー。

ランチョンマットとセットで、ボンレス犬が食べてるように見えます^^

パテが大きく、肉々しくて美味しかったです。

ボンレス猫のピザトースト。

去年はカフェラテでしたが、今年はボンレスネコーヒーです^^

特性ボトルに入ったフルーツティー。
すごく美味しかったし、特性ボトルはもちろんお持ち帰り可で、テイクアウトもできるようになっていました。

今年はドリンクもごく普通のものばかりですね。

ただ、スイーツに関しては去年よりも遥かに安く注文しやすい値段になっています。

ボンレスカフェ2019in原宿の感想

ネットでのボンレスカフェ2019の感想の声をまとめてみました。

可愛いと大好評のようですね。

うどんを食べたという人が、やっぱり圧倒的に少ないですw

ちなみに、ボンレスカフェ2018の特典と、購入したグッズのノート。

店内ではボンレスグッズが多数売っていて、けっこう売り切れが続出しているようです。
グッズのみの購入はできなくて、カフェを利用した人だけの特権になっているようですね。

ボンレスカフェ原宿のまとめ

ボンレスカフェ2019in原宿は、去年と同じ『HARAJUKU BOX CAFE & SPACE』での開催。

メニューは、去年よりも明らかに安めで、スイーツは特に注文しやすい価格になっている。

コラボカフェって、そもそも期間限定なのもあってメニューも高いです。

でも、ファンだからこそ「高くてもカワイイから許す!」と思ってるんですよね。

なので、正直今回焼うどんというメニューを見て、ガッカリ・・・。

もし来年、さらにボンレスカフェがあるのであれば、メニューについては再考してほしいです!

店内はトイレに至るまで、ボンレス猫やボンレス犬があちこちにいてとっても可愛い空間ですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました