越前ガニの甲羅にある黒いブツブツの正体はカニビル!気持ち悪けど美味しいという噂についても

冬はカニの美味しい季節ですよね!

年末年始に親戚が集まる機会が多いですが、カニは大勢で食べるごちそうとしてもよく取り上げられます。

高級なカニとして有名なのは福井県の越前ガニ!

大きくて食べごたえもありますが・・・、越前ガニの甲羅に黒いブツブツがよくついていますよね?

あれが本当に気持ち悪くて、見るたび「ッギャァアアァ!」と(心の中で)叫んでいます・・・。

あの黒い粒ってなんなのか、害はないのか?調べてみました!

越前ガニの甲羅にある黒いブツブツの正体はカニビル!


この黒いブツブツの正体は「カニビル(カニヒル)」の卵です。

カニビル、と言うと想像しにくいかもしれませんが、カニヒルというとわかりやすいでしょうか。
そう、湿地帯などによくいる血を吸うヒルの一種です。

海にもヒルっているんですね~。

このカニビルは、カニの甲羅に卵を産み付けます。

これは、カニの甲羅に産み付けることで、カニの移動に伴いいろんな場所で孵化することができるためです。
また、カニビルが生息する場所は海底が泥で覆われていて産卵には適さないためという説もあります。

カニビルの卵がついていることは体に悪い?

ヒルの卵・・・と聞いて、さらに気持ち悪くなりました。

ていうか、卵ってことはヒルが孵(かえ)るんですよね?
ブツブツがついたまま売られていることもありますが、そのまま食べて大丈夫なのでしょうか?

調べてみると、卵から孵ったヒルはカニに寄生するわけではないようです。

カニビルは魚の体液などを吸うようなんですね。

卵だけをカニの甲羅に産み付けているようです。

でも見た目は悪いので、最近では甲羅を洗ってきれいにしてから売られていることが多いようです。

また、ついていたとしてもほとんどが孵った後のからの卵のことが多いみたいですね。

仮に孵化前だとしても、冷凍したり茹でたりすると死んでしまうので、どちらにしても体に害はないです。
(でも孵化前って想像すると無理!ってなるけど)

ちなみに、カニビルが卵を産み付けるのは越前ガニ・松葉ガニなどでもおなじみの「ズワイガニ」に、「タラバガニ」にも産み付けられるようです。

毛ガニについているのは見たことがありませんね。

越前ガニの甲羅にある黒いブツブツ気持ち悪けど美味しい?

カニビルは食べられません!

流通の過程でほぼ死滅するカニビルですが、水揚げ直後のカニのツブツブからは、カニビルの幼虫が出てくることがあります。

もちろん食べられないし、食べてはダメです。

じゃあ、なんで「カニビル 美味しい」という呟きなどがネットで流れるのかと言うと、この黒いツブツブがたくさんついているカニは美味しい証拠として、カニの目利きの目安になっているからなんです。

ただ、これは大きい越前ガニほど黒いツブツブがたくさんついている、という理由もあるみたいですね。

越前ガニは脱皮をして大きくなっていきます。

カニビルは脱皮直後のカニには卵を産み付けないので、黒いツブツブが甲羅にたくさんついているということは、脱皮してから十分成長もしている、身もしっかり入っている、と考えられたからだそうです。

ただ最近では脱皮直後のカニにも黒いツブツブがついていることがあることもわかっているので、あくまで目安程度に考えておくのが良さそうです。

黒いブツブツがついたまま茹でても大丈夫?

食べられないのに、黒いブツブツがついたまま茹でたりしても大丈夫なの?と思うかもしれませんが、先に書いたようにほとんどが孵化した後の空っぽの卵になります。

なので、そのまま茹でてしまっても害はありません。

もちろん見た目が悪いので、しっかり取ってしまうという手もあります。

黒いブツブツのとり方・落とし方


カニビルの卵はタワシなどでこすると落ちるので、茹でる前に流水で洗いながらこすってあげるときれいに落ちます。

量が多いとけっこう大変な作業になるので、売られている越前ガニにはそのままついていることが多いんですね^^;

まとめ

越前ガニの甲羅についてる黒いブツブツが気持ち悪い!

黒いブツブツの正体は、カニビル(カニヒル)というヒルの一種の卵。

カニビルは蟹の甲羅を利用するだけで、カニそのものに寄生したりはしない。

流通で冷凍したり茹でたりする過程で卵は死んでしまうし、カニには寄生しないので人がブツブツがついているカニを食べても問題はない。

ただしカニビル自体は食べられない。

黒いブツブツがたくさんついているほど美味しいカニという噂があるが、あくまで噂。
大きいカニにはそれだけ卵が産み付けやすいと言うだけなので、目安程度に考えたほうがいい。

カニビルの卵はタワシなどでこすって洗うときれいに落ちる。

■ 関連記事 ■

コメント

タイトルとURLをコピーしました