恵方巻きの由来はデマだらけ?関西だけの風習は嘘でやめろと言われる理由は下ネタだから?

グルメ・イベント・旅行

三が日が明けたと思ったら、スーパーにはもう『恵方巻』ののぼりが!

今や恵方巻きもメジャーになりましたが、元々は関西発祥の風習ということはご存知ですか?

ただ、この関西の風習というのも「聞いたことがない、嘘だ!」という声もあります。

恵方巻きの風習と、由来についてデマか本当かを調べてみました。

恵方巻きの由来について


節分の日には、太巻きを恵方の方角を向いて黙って頬張って食べる。

これが節分の日に豆まきと一緒に行われる風習と言われていますが、そもそもこの恵方巻きについては諸説あり、どれも定かではありません。

恵方巻きの由来:大阪が発祥

一番有力な説として、大阪の船場が発祥という説があります。

船場は今でも問屋街として有名な街です。
大阪の町人文化の中心地ですね。

海苔屋さんが、海苔の販促のため昭和に入ってから宣伝したという説と、江戸時代の末期に大阪の商人が縁起担ぎのために食べたのが始まりとも言われています。

どちらにしても、関西が発祥というのは濃厚なようです。

恵方巻きの由来:セブンイレブンの戦略

なんでこんなに全国に恵方巻きが広まったかと言うと、バレンタイン以外に2月の行事としてマーケティング戦略をしたという説があります。

太巻きを食べるのを、恵方巻きという商品名で売り出したということですね。

セブンイレブンで1998年に全国で恵方巻きを売り始めたことによって、関東地方に節分の日に恵方巻きを食べるという風習が広まったようです。

恵方巻きの由来のデマについて


諸説ある恵方巻きの習慣ですが、そもそも関西発祥というのは嘘という話もあるようです。

他にも遊女が食べていたという説もあるようです。

恵方巻きのデマ:大阪の遊女が食べていた説

恵方巻きは花街で広がり、遊女が巻き寿司を食べていた・・・という説があります。

ただ、こちらはツイッターで拡散されたことがあり、嘘だったようです。

巻き寿司は手軽に食べられることもあり、花街でも人気だったとは思います。

ただ、これが恵方巻きの起源!とは言えないようですね。

恵方巻きのデマ:大阪発祥というのも嘘

こちらは関西の人が「聞いたことがない」「知らない」と言っていることから、大阪発祥説は嘘というのが広まったようですね。

ただ、実は私は出身は千葉なんですが、小さい頃に兵庫県西宮市に父の転勤で行っています。
育ったのは関西なんです。

そこで、節分の日に豆まきと一緒に太巻きを恵方の方角を向いて丸々一本食べるというのをやってるんですね。

子供の頃の思い出として、よく覚えています^^

「聞いたことがない」という人がいる一方で、ものごころついた頃から節分の日には太巻きを食べていたという人も多いです。

ただ、恵方巻きと言う言葉はなかったみたいです。

私も、太巻きを丸かじりしていたという記憶しかないので^^;

関西の風習といえど、やっていないというお家もあると思いますし、これは家庭ごとに違うのではないでしょうか。

うちはやってないし、知らないから嘘だというのは少し乱暴ですね。

恵方巻きをやめろという理由は下ネタだから?

関西では節分の日に太巻きを食べる習慣はあったけれど、恵方巻きという言葉はここ最近定着しだしたものです。

やめろという理由については、先に上げた関西の花街が発祥というデマが広がったことにあります。

遊郭での遊びがとして、遊女が太巻きを食べる様子が発祥だという説。
それが『遊郭が発祥なんて下品だ!』ということになりました。

遊女が太巻きを食べる様子が下ネタだから・・・ということですね。

でもこれらはデマということがわかっています。

やめろと言われている本当の理由は、売れ残った太巻きが大量に破棄されて問題になったことではないでしょうか。

また、お店によって太巻きの販売にノルマが課せられる・・・ということも問題視されました。

この時期になると、どこのスーパーでも買えますよね、恵方巻き。

しかも、今や海鮮だけでなくトンカツが巻いてあるものなど変わり種もいっぱいです。

確かに山のように積まれている恵方巻きを見ると、ちょっと複雑な気分になります。

恵方巻きを買わせようとする店側と、顧客側での温度差は広がりつつあります。

食の廃棄などはなくさなければいけない問題なので、やめればいいのにという声が広がっているようです。

まとめ

恵方巻きの風習には諸説あり、どれも定かではない。

大阪の船場が発祥と言われていて、セブンイレブンが恵方巻きという言葉をマーケティング戦略したことで全国に広がったと言われている。

大阪の花街で遊女が食べていたという説もあるが、これはデマが拡散されたもの。

大阪発祥というのも嘘という人がいるが、一方でものごころついた頃から節分の日には太巻きを食べていたという関西出身の人もいるので、家庭の違いが大きい。

大量に作られた恵方巻きの廃棄や販売ノルマなどの問題から、恵方巻きをやめればいいという声も広がっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました