U-NEXTってどうなの?有料ばかりで月額料金が高すぎるという意見についても

VOD

U-NEXT(ユーネクスト)は「話題の映画・ドラマ・アニメや雑誌も見放題」「観るのも読むのもこれひとつで楽しめる!」洋画・邦画・アニメの見放題作品数No.1のデジタル配信サービスです。

利用者240万人と人気の動画サービスですが、「有料の作品ばかりで見るものがない」「月額料金が高すぎる」という声もあるようです。

結局U-NEXTってどうなの?
番組を見るにはお金がかかる?
他のサービスに比べて料金が高いのは本当?

調べてみました!
(2022年5月時点の情報です)

U-NEXTってどうなの?

有料動画ばかりで見るものが少ない

実際にU-NEXTを利用した人からは、

「動画の続きを見ようとしたら有料ばかり」
「新しく入荷した新作を見ようと思ったら全部有料」

という悲しみの声が多いようです。

とくに新作映画やドラマはほとんどが有料の場合が多く、『洋画・邦画・アニメと見放題作品数No.1』とうたわれていても、実際見放題なのは旧作などの古い作品ばかりと言われています。

しかし新作を無料で見られる方法がちゃんとあります。

毎月貰えるポイントを使うと無料で見ることが出来るんです!

U-NEXTの特徴として、入会すると1200円分のポイントを毎月必ず貰うことができます。

これを使えば有料の最新映画やドラマも無料で見られます。

1番組はほとんどが300ポイントから400ポイント。

ポイントを使えば、毎月3~4番組を無料で見ることができます。

その時「見たいものがない!」という場合も大丈夫。

最大90日間次の月へ持ち越すことが出来るので、ポイントを貯めておいて好きなシリーズを一気見することもできます。

「人気の最新作は有料ばかり」という噂は本当のようですが、毎月貰える1200円分のポイントを使えば無料で見られるので「新作映画だけを見たい」という人でなければ充分元が取れ、お得なサービスといえそうです。

また動画好きの人からは、

「大作でない洋画や短編映画の品揃えが他社より多い」
「海外ドラマは他では配信していない作品がある」
「アダルト作品の見放題がある」

というメリットを挙げている人も。

とくにアマプラやネットフリックスにはない黒澤明作品のラインナップが充実しており、ファンにはたまらないよう。

古い映画やマイナーな作品を楽しみたい人にとっては見放題やポイントでしっかり見ることができるのでお得ですね。

\ まずは無料トライアル /

【U-NEXT】月額料金が高すぎる?

他社よりは高い

U-NEXTの月額料金は税抜1,990円(税込2,189円)。

他の配信サービスに比べると「高すぎる」という声が多いようです。

人気の動画配信サービス(VOD)を比較してみると…。

動画配信サービス 月額(税込)
U-NEXT 2,189円
NETFLIX ベーシック990円・スタンダード1,490円:プレミアム1,980円
Amazonprimevideo 500円
hulu 1,026円
FODプレミアム 976円
Paravi 1,017円
TELASA auID618円・AppleID650円
Disney+ 990円
dTV 550円
dアニメストア 440円

U-NEXTがダントツで高いですねw

月額料金は高いですが、その分配信数もダントツの22万本以上。

「品揃えがいい」「ない作品がない」とも言われています。

また同じサービス内で150誌以上の雑誌を無料で読むこともできます。

U-NEXTは動画も漫画も見放題

一見「高すぎる」と感じる料金も、毎月貰えるポイントを上手に使えばお得に楽しむことができます。

1200円分のポイントは、最新の映画やドラマ、アニメの視聴に使えるほか、漫画や雑誌の購入・音楽、お笑い、舞台などのライブチケットの購入・映画館で使えるチケットの割引にも使うことが出来ます。

U-NEXTは同じサービス内で漫画や雑誌も読むことが出来るのも大きなメリット。

推しのライブ配信もポイントを使えばお得に見られます。

動画以外にも使い道がたくさんあるポイント、便利ですよね。

動画配信サービスに入会する時は、さまざまなサービスを比較して迷いますよね。

U-NEXTは料金面では高いですが、ポイントが毎月貰えることを考えると実質月800円程度と考えることもできます。

アマプラの安さにはかないませんが、月800円ならそこまで高くありませんよね。

他の配信サービスに比べると配信数はダントツで多く、雑誌の読み放題があり漫画もポイントで買えること、ライブ配信にポイントを使えること、全国の映画館で使える割引クーポンもポイントで発行できること、などを考えると、コスパはいいかもしれません。

一度解約しても、U-NEXTの無料配信の多さやポイントのお得さからもう一度契約したい!と考えている人も。

自分の視聴スタイルに合っていれば、料金の高さも納得して利用することができるようです。

\ まずは無料トライアル /

それでも高いと感じる場合

Amazon primeがおすすめ

U-NEXTのメリットを書いてきましたが、それでも「古い映画は見ない」「雑誌や漫画は読まないからいらない」という人には月々2,189円は高いですよね。

そんな人には驚異の安さ!

税込月500円の「Amazon prime」がおススメです。

他サービスが実現できないほどの低価格でコスパは最強!

「とにかく安く動画を見たい」という人におすすめのサービスです。

管理人もアマプラに入っていますが、最近はプライムのオリジナル作品が面白くてお気に入りです^^

「No Activity」は、豊川悦司・中村倫也・木村佳乃と豪華キャストが出演するドラマで、まだシーズン1しか配信されていませんが、面白いんです!

アマゾン、お金持ってるんだなあ・・・と思いましたw

アマプラの利用者は2021年10月現在で1,460万人。

日本のVOD市場の33%を占めています。

つまりそれほど人気があり、満足度の高い配信サービスということですね。

アマプラのメリットは「月額500円」という激安のほか、「他のAmazonプライム会員特典も利用できる」「見放題対象外の作品もレンタルで見られる」などがあり、通販でAmazonをよく利用する人には嬉しい会員特典がついてきます。

「お急ぎ便・お届け日時指定が使い放題」
「Amazon Music Primeで200万曲が聞き放題」
「Prime Readingで対象のkindle本が読み放題」

などなど。

とくにお急ぎ便は欲しいものがすぐに届いてとても便利です。

通常会員だとお急ぎ便は360円、当日お急ぎ便は514円かかります。

Amazonプライム会員になれば、これらが無料で使い放題になります。

ちなみに、アマプラでもPrime Readingという対象の本を読むことができますが、対象になっている本は少ないです。

アマゾンプライムとは別に「Kindle Unlimited」というサービスは、200万冊以上の本が読み放題なのですが、別に加入する必要があります。

動画配信や通販を便利に使えるだけでなく、音楽や本も月額500円で楽しむことが出来るので、とにかく安く動画を楽しみたい人におすすめの配信サービスです。

人気の配信サービスにはそれぞれ特色があり、メリットデメリットもあります。

自分に合ったサービスが見つかるといいですよね。

↓30日間無料でお試しできます↓

まとめ

U-NEXT(ユーネクスト)は利用者240万人と人気の動画サービス。

動画配信数も多く、漫画・雑誌も読み放題のサービスだが「有料の作品ばかりで見るものがない」「月額料金が高すぎる」という声もある。

有料動画ばかりで見るものが少ないという声もあるが、入会すると1200円分のポイントを毎月必ず貰うことがででるので、それを使い無料で新作を見ることができる。

月額料金が高すぎるという声もあるが、たしかに他社サービスよりは高い。

が、配信数もダントツの22万本以上で同じサービス内で150誌以上の雑誌を無料で読むこともできる。

ポイントが毎月貰えることを考えると実質月800円程度とも言える。

それでも高いと感じる場合は、月額料金が500円のAmazon primeがおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました