呪術廻戦コラボカフェ池袋の感想!メニューと評判やグッズ在庫についても

グルメ・イベント・旅行

2021年7月15日から東京・大阪・名古屋で開催されている「呪術廻戦」のコラボカフェ。

今回は「アニメ呪術廻戦」の第1クールエンディング映像演出を担当された映像作家・長添雅嗣さんがアートディレクターを担当し、「JYUJYUTSU KAISEN CAFE」限定の描きおろしイラストやグッズも話題となっています。

友人と実際に行ってきたので、レポと感想をまとめました!

【呪術廻戦コラボカフェ池袋】料金とコラボメニュー

コラボメニューと料金について

現在新型コロナウィルス感染対策のため、コラボカフェの利用は「完全事前予約制」となっています。

>>JUJUTSU KAISEN Cafe

公式サイトの「RESERVATION」で利用したい店舗の事前予約をしておきましょう。

予約の際に一人660円の予約料がかかります。

私達は池袋店に行ってきました。

【フードメニュー】各1,540円(税込)
虎杖悠仁の「ステーキサンドプレート」、伏黒恵の「影色パスタ」、釘崎野薔薇の「ストロベリーパンケーキ」など。

周りでは棘先輩の「ライスボールプレート」やステーキサンド、パンケーキを頼んでいる人が多かったです。

【セットドリンクメニュー】各550円(税込)
フードメニューとセットで注文できるドリンクです(単品では注文できません)。

東京校1年生ズ+2年生ズ&五条先生のイメージカラーに合わせたカラーになっています。

※注文するとキャラコースターをランダムでもらえます!
またドリンクに付属するキャラPOPをお持ち帰りできます。

【ドリンクメニュー】各990円(税込)
京都校の「お抹茶レモンソーダ」やナナミンの「ティータイムセット」、偽夏油、真人など呪霊たちのイメージドリンク。

※注文するとキャラコースターをランダムでもらえます!
またドリンクに付属するポストカードをお持ち帰りできます。

実物のコラボメニュー

フードメニューとセットドリンクをオーダー!


①虎杖悠仁の「ステーキサンドプレート」


②伏黒恵の「影色パスタ」


③釘崎野薔薇の「ピンクレモネード」
④虎杖悠仁の「オレンジジュース」

(推しカプでは頼めなかった…)

「レッグスカフェがひどい?」で噂になっていた「提供時間の遅さ」ですが、思っていたより早く来ました!

>>レッグスカフェがひどい?やらかし炎上まとめと株式会社レッグスの評判についても

11:30入店で、わりとすぐにドリンクがきて、7分後にはフードが提供されました。

かなり早い方ではないでしょうか?

ただ、頼むメニューによって時間がバラバラなようで「ステーキサンドプレート」は早く来る人と遅くなってしまう人がいるようです。

また「ストロベリーパンケーキ」は比較的早く提供されるようです。

味の方は、

「ステーキサンドプレート」:不味くはないが量が絶対的に少ない。下にけっこう紫キャベツが敷いてあるのですが、ドレッシングがかかっていないので生のまま食べることに。苦い。
「影色パスタ」:不味くはないが量が少ない。エビはぷりぷりしている。口が黒くなるので帰り際に確認必須。トマトソースもう少し欲しい。
「ピンクレモネード」:…不味い!!というか薄い!味がしない。
「オレンジジュース」:普通のオレンジジュース。果汁感はない。
(最初に来るお水も美味しくないですw)

価格を考えると完全に失敗ですが、盛り付けは画像に近く、悪くはないです。

どの料理も量が少なめで、これはネットでも挙げている人が多い印象です。

コラボカフェなので、雰囲気を味わってると思えばOK!

【呪術廻戦コラボカフェ池袋】コラボグッズの在庫について

コロナ対策のため、入店時にもらった整理券順の購入となります。

店内のアナウンスで自分の番号が呼ばれたら物販コーナーへ移動。
(一度に4~5人ほどが入れます)

物販コーナーも狭いですが、混雑はしません。

在庫は会期前半ということもあり、売り切れはないようでした。
(購入制限がかけられているので瞬殺ということはないようです)

棘先輩のアクリルジオラマがいちばん人気のよう。

ランダムグッズは複数購入されている方が多かったです。

購入時間は15~20分ぐらいですが、スタッフさんがせかすことはないのでゆっくり吟味して選べます。

でも購入時間も入店(80分制)のうちに含まれていますので、欲しいものは事前にチェックしておくといいかもしれないですね。

ちなみに店内でのトレーディングはNGとのこと。
いったん外へ出て行うと良いようです。

【呪術廻戦コラボカフェ池袋】行ってみた感想

11:30回を予約し、20分前の11:10ごろ到着。

カフェ前の階段が待機列になっています。
(階段のコンセプトイラストは五悠ですよ!)

待っている間に、スタッフさんによる検温とアルコール消毒。

メニュー表と注文票を渡されるので、希望のメニューのところに数量を記入します。

注文票を見ながらスタッフさんがメニューを端末に入力し、間違いないか何度も確認タイムがあるので安心です。
スタッフさんが入力した後は追加注文ができないのでご注意ください)

ドリンクを頼んだ人には、その場(階段)でランダムコースターの抽選があります。

端末の抽選ボタンをポチっとするのですが、これは自分ではなくスタッフさんが押してくれますw(コロナ対策?)

自分でやりたかった…!

でも、ここで本日最初の引きの良さが!

画面に「五条悟+虎杖悠仁」の文字!

ありがとうスタッフさん!!(思わず拍手)

グッズ購入用の整理券をもらい、しばし待機(撮影タイム)。

整理券番号を呼ばれ、入店します。

入口で予約特典のマスクケース(ランダム)がもらえます。

ここで次の引きの良さが!

「五条悟」+「伏黒恵」のマスクケースでした!

ありがとうスタッフさん!!(推しすべて揃う)

店内はかなり狭く、席の間隔も近めですが、各テーブルにかなりしっかりしたビニール幕(?)が張ってあって、向かい合わせに座っても飛沫が飛びにくくなっています。

また消毒用アルコールも各テーブルに置いてあるので、自分のタイミングで使うことができます。

会計も各テーブルでボックスに入れて済ますシステムになっており、コロナ対策がしっかりしているなと感じました。

おひとり様での参加は壁際の席に案内されることが多そうで、ぬいやアクスタも気兼ねなく置けそうですよ。

【呪術廻戦コラボカフェ池袋】総評

店内の設備・雰囲気について

店内はやや狭く、テーブルも小さく席数は20~25ぐらいです。

ネットでの情報によると、原宿店のほうが広いようですね。

コンセプトイラストが壁に飾ってあり、TVではBlu-ray&DVDのCMとコラボメニューの画像を延々と流しています…。
(アニメ本編は流せなかったのでしょうか?)

キャラの等身大POPなどはありませんでした。

BGMはサントラのようでしたが、静かな音楽であまり呪術という感じがしません。

やや暗くて音楽も静か、等身大POPなどはなく、映像もアニメ本編は流れていないので、「呪術」の世界観はあまりないです。
(コンセプトである第1クールのEDは、アーティストが問題を起こしたため使えないのかもしれません)

狭いのですれ違いが大変。

時間制限について

80分の交代制ですが、退店10分前に消毒タイムがあるとかで、入店から70分で退店するようアナウンスが。

これは最初から70分制と謳えばいいのでは・・・?

メニューについて

味は悪くないのですが、量は全体的に少ないです。

盛り付けは頑張ってる。

水とピンクレモネードは不味い(圧倒的薄さ)。
無難なもののはずなのに・・・(T_T)

お皿やコップが汚れていたりとかはありませんでした。

価格は、味と量を考えると高いけど、コラボカフェとしては許容範囲。

メニューの提供時間について

まぁまぁ早いと思います。

ただし悠仁フードは来るのが遅くなる傾向。

恵のパスタはすぐに来ましたが、悠仁のサンドイッチは遅かったです。
お隣の席の方の悠仁サンドイッチもなかなか来ないなあと思ったほど。

野薔薇ちゃんは早い。

スタッフさんについて

はきはきしていて、対応がとても良い感じです。

アニメファンに馴れているかんじ。

店内の広さに比べ、人数は多く感じました(ランチタイムだから?)。

トイレについて

物販スペースのそばにあります(隠し部屋)。

キレイで使いやすいが流れない時もある(注意書きあり)。

【呪術廻戦コラボカフェ池袋】ネットの評判

前評判は賛否両論でさまざまでしたが、実際に行ったファンはかなり楽しめているようです。

池袋は立地が良く、コラボカフェの後にアニメイトやゲーセンなども回りやすいので、人気が高いようですね。

でもやはり座席同士が近く、狭いとの声もありました。

五条先生の「氷菓『茈』」は、量が多く(よりによってこれだけ量が多い・・・?)フワフワなかき氷ではなくゴリゴリに硬いそうです。

食べ終わるまでにかなり時間がかかり、また体も冷えるとのことなので、頼もうと思っている人は上着を持っていかれたほうがいいと思います。

また、氷の中にパイナップル・マンゴー・チェリー・ブドウが入っているので、果物にアレルギーがある方はご注意ください。

まとめ

2021年7月15日から東京・大阪・名古屋で「呪術廻戦」のコラボカフェが開催されている。

コラボカフェの利用は「完全事前予約制」。

予約の際に一人660円の予約料がかかる。

池袋店は店内はやや狭く、テーブルも小さく席数は20~25ぐらい。

メニューは味は悪くはないが、量は全体的に少ない。

メニュー・ドリンクの提供は早いと思うが、悠仁のサンドイッチはやや遅い印象。

運営が過去に問題を起こしていたので、前評判は賛否両論だったが、実際に行ったファンはかなり楽しめている様子。

コメント

タイトルとURLをコピーしました